2020年1月23日木曜日

落下する

みなさん、こんにちは!

オッキーです!

なかなか待望の大雪が降ってくれない今シーズンですが
Feeling Ski Schoolはおかげさまで
平日もコンスタントにレッスンが入り
忙しい日々を過ごしています。

昨日までも
”平日のんびりキャンプ”
を3日間の日程で開催していました。

このキャンプは3名の方に受講いただき
密度の濃い3日間となりました。(^^)v

このキャンプの間に皆さんにいろいろなイメージを
紹介させていただきましたが
それらのイメージが目指すものの根幹として
スキーが回って来てくれるという事があります。

そしてそのためには落下し続けていかないと
スキーは回ってこないんだぁーとキャンプ中も
大いに実感することとなりました。

まずスキーが回って来てくれるためには抵抗をもらう必要があります。
そのためにはスキーにどれだけ体重を乗せても
進もうとする方向とスキーの方向が全く一緒だと
なかなかしっかりとは回って来てくれません。

ではどうすれば抵抗をもらいながら回ってくるかというと
ヨットの船体とヨットの帆の関係のように
船体の方向に対して帆の角度を変えることで抵抗を
回転力に変換するこが必要となります。

スキーでいえば上半身が船体
スキー板がヨットの帆となります。

このような関係をスキーでも作ってあげれば
ヨットがエンジンなどの動力源を使わずに移動するように
私たちもそれほど自分の筋力を使わずにターンできるようになります。

そのために上半身がスキーに対して回転したい方向に
対して外側を向く必要があります。

これはターン前半ではターン外側もしくは山側
ターン後半では谷側に上半身を向ける必要があります。

そしてヨットは無風では回転してくれないように
私たちもスキーを落下させ続けないと抵抗をもらい続けることが
できず丸いターン弧を描くことができません。

この抵抗をもらえる条件を作った状態で
落下し続けてあげることでスキー自身が回って来てくれるようになります。

しかしこの条件が整わないとき
例えばターン前半でターンを急いでしまうがために
上半身がターン内側に回ってしまなどをすると
スキーがなかなか回って来てくれずに
自分からスキーを回旋させたり外側に押し出してしまいがちです。

このような運動をしてしまうとスキーの落下も止まってまいます。
ヨットで例えると風が止まった状態になってしまいます。
その結果スキーの回転力が落ちてしまい
余計に自分からスキーを回旋させる必要が生じてしまい
負の連鎖反応が起きてしまいます。

ターン前半からスキーで抵抗をもらってターンするためには
人によっては逆の動きと感じることが多いです。

さらに急斜面だったりアイスバーンでは
慣れないうちは落下するだけでは制御不能になりそうで
最初はなかなか勇気がいるものです。

今回のキャンプでも緩斜面を利用して
スキーが勝手に回って来てくれるのを
体感してもらい徐々に急斜面でも挑戦してもらいました。

そしていろいろな斜面で様々なターン弧を調整することで
最後は皆さんスキーが自動的に回ってくるような
感覚をしっかりと体感していただきました!(^^)v

皆さんも機会があればヨットに
なったつもりでスキーに回してもらえるような
感覚を試してみてください!

オッキー



2020年1月22日水曜日

足下(あしもと)を見られている

しろくまです。

なんだか悪い意味のようなお題ですが、これから話すことは悪い意味ではありませんので
まあお気楽にお付き合い下さい。

フィーリングスキーのレッスンでは、まず最初に生徒さんの滑りを拝見します。と言うか
それはどこのスキースクールでも同じでしょう。ただ我がフーリングスキースクールでは、
見ているポイントが、ちょっと違うというお話です。

スキーに良い仕事をさせるために、斜面(雪面)を適切に利用して荷重(果汁)ポイントが
安定しているかどうか?なんてところを見ています。えーちょっとわかりにくいですかね。(^^;

まあ言い方を変えると、スキー板の良いところに乗れていて、その結果、美味しい斜面移動が
できているかどうか?なんて感じですかね〜。えー少しはわかりやすいですかね?(^^

となると拝見するところは、足下(あしもと)を中心にスキー板の動きを見ることになります。

スキーに良い仕事をさせるためには、重心が安定して、板が美味しく撓む荷重ポイントをキープ
し続けることが必要です。

よく聞かれる質問に「私、内倒(ないとう)していましたか?」と言われるんですが、私の場合、
内倒はよく見ていません。というか足下重視で外足荷重がどうかまでは見ていられるんですが
内倒は結果フォームでしかないんで、あまり意味がないんで見ていないんですね。
そして足下を見ているから、見られないというのが正直なところです。

あのー内倒が問題なのではなくて、外足荷重ができているかどうかが問題なのです。

「内倒です」と評価するのもわかりますが、原因はそこではないんだよなあ〜。

だから足下(あしもと)を見ているんです。

2020年1月21日火曜日

今週土曜日のSPレッスン

みなさん、こんにちは!

オッキーです!

私たちが活動している野麦峠スキー場の
コンディションがかなりやばいことになっています!

雪不足の中やばいとなると
滑れる場所がかなり限定されてきてるのかな?
なんて思ったりしちゃいますが
全く逆でやばいくらいに気持ちよく滑れるバーンになっています!

しかも現時点の予報では週末は
かなりの雪!

こんな絶好のコンディションなので

今週末に

スペシャルレッスン
小回り入門
http://fs.jpski.com/lessons/spdetail/18


を開催することにしました!

あまり良くないコンディションでは
スキーの上でバランスをとるだけで精いっぱいになったり
しがちですが、グットコンディションであれば
余裕をもっていろいろ
新しいことにチャレンジできます!

コンディションを味方にして
今週の土曜日は小回りを習得してみませんか?

興味がある方は遠慮なく連絡ください!

オッキー





2020年1月20日月曜日

ドリル練習と応用練習

こんにちは! toriです。

少しづつですが雪も増え、各スキー場のゲレンデ状況も良くなって
きていますが、皆さんスキーを楽しんでいますか?
スキーの楽しみ方は人それぞれですし、状況によっても変わると思います。
朝からラストリフトまで滑ることが楽しい時もあれば、仲間と
休憩で飲むビールが楽しみの時もあると思います。
綺麗に圧雪されたゲレンデを飛ばすことに爽快感を感じる時
があれば、急斜面・こぶ斜面など難しい斜面を
降り切って満足感に浸るときもあると思います。

通常のレッスンでは、基本を身につけるために正しい
ポジションで理にかなったターンをする練習を行います。
大抵はスピードを抑えて、一つ一つ確認しながら行います。
これには、野麦峠の綺麗に整備されたバーンが最適です。
極端な斜度変化や雪質の変化がないため、同じ(ような)
状況で繰り返し練習できるからです。

基本を身につけた次は、基本を自分のものとするための応用練習が必要です。
スピードが上がっても、斜面状況が変わって同じように滑れるように
するための練習です。

これを個人で行うには、トライ&エラーを繰り返すしか
無いと思っています。実際に急斜面を滑り、転んで大声で笑い、
次こそはと勇気を振り絞ってチャレンジする中で身に着くものと思います。
スキーは転ぶスポーツですから、転んでなんぼ、転ぶことを
楽しむことで上達もついてきます。

スキーは楽しんでなんぼ(笑)心から楽しんで上達しましょう(^^)
個人でチャレンジすることに腰が引ける方は、プライベートレッスンを
受講してみて下さい。ゆりわりや峰の原を中心に無理のない範囲で
チャレンジするようなレッスンを行います。
さらに違う環境ということであれば、出張レッスンも対応します。
一緒に、色々なところを滑ってみませんか?

少しずつ自分の限界を広げ、スキーの色々な楽しみを味わえる
ようになりましょう(^^)

tori

2020年1月19日日曜日

シンプル・イズ・ザ・ベスト

前にオッキーも同じようなことを書いていましたが、最近のレッスンではオレンジをしっかりと外足に意識して落下する、ということを中心にお伝えしています。

ターン始動の時の落下方向は直滑降方向です。これからターンをするのに、直滑降してどうするの?と思う方もいると思います。でも、不思議なことに次のターンの外足にオレンジをしっかりと意識して落下すると、きちんとターンが始まってしまうのです。

しかも、落下する事によりスキーが雪の抵抗をしっかりと受けてたわみ、スキーが切れ上がってきます。生徒さんは自分が何もしていないのにスキーが動いてくれることを最初は不思議がるのですが、すぐに無駄な力を使わないで楽に滑れるということに気づかれるのです。

もちろん、一人一人生徒さんの感覚や運動能力には個性がありますので、教師がそれを良く見ていて的確なアドバイスをしなければならないことは言うまでもありません。

しかし、基本的な考え方というのは、とても単純明快なものなんですね。昨日もレッスンで他のスクールで言われることはわかりにくいが、フィーリングスキーで教えてくれることは本当にわかりやすいということを生徒さんからお聞きしました。

難しくしないでシンプルに伝えることの大切さを、改めて教えられることとなりました。

2020年1月18日土曜日

バスケットボールターン

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

皆さんは最近バスケットボールをやったり
見たりしたことはありますか?

最近は八村塁選手がNBAで活躍したりして
テレビでもよく見かけるようになりましたね。

オッキーは20年ほどハンドボールをやっていたのですが
バスケットボールをやったのはは小学校の時に
わずかにやった程度です。

ただ似たような球技なので何となくイメージは沸きます。

このイメージで大きく違うのと思うのが

ハンドボールはしっかり走って、しっかりとシュート!
イメージだと ダーッと走ってバーンと打つ
って感じでしょうか?

でバスケットボールのイメージは
ダーッと走って、フワッと打つ
ような感じがします。

今日のレッスン中ですがなぜか突然この
バスケットボールのフワッとしたイメージが
スキーとリンクしてきました。(・ω・)

今日の午後からのレッスンではTご夫妻とご一緒させていただいたのですが
ターン後半にダーッと落ちていって
切替ではこの圧を使ってフワッと切り替えたいのですが
なかなかうまく伝わりませんでした…(-_-;)

という事で切替でフリースローシュートを打つように
フワッと立ち上がってもらうイメージを
お二人にお伝えしたところとっても
良い感じの滑りになっていきました。

最初は手だけで打つシュートが多かったのですが
膝の屈伸を使って下半身で柔らかくシュートするように
お話ししたところ一気に外力に合わせた
切り替えができるようになりました!(^^)v

また次回どこかのタイミングで
このバスケットボールターンを試してみたいと思います!

オッキー



2020年1月17日金曜日

1月18日のスペシャルレッスン!

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

雪不足の今シーズンですが現在の野麦は
非常に良いコンディションをキープしています!

数日前に降った雪がまだよい感じで
ゲレンデに好影響を残しておりご機嫌なバーンでした。

この好コンディションで今週末も
スペシャルレッスンを開催します!

ただし土曜日の午後のみの開催となります。

快適スキー 初中級編!
このレッスンの特徴は何といっても
コストパフォーマンス!

なんと
3500円

で明日の13時から2時間のレッスンを受講できます!
(ただしお一人の場合は1時間半となります)

フィーリングスキーって何だろう?
もうちょっと楽に滑れないかな?

など皆さんの疑問や問題にお答えします!

興味がある方は遠慮なくお問い合わせください!

オッキー