2018年11月8日木曜日

いいイメージにだまされないで

みなさん、こんにちは。
フィーリングスキースクールの望月です。

昨シーズン野麦の営業が終わった後に、よその2日間のキャンプに参加する機会がありました。

レッスンが始まったばかりの頃は、私よりもお上手な方が結構いらして、スキー教師の端くれと思っていたのに、スキーヤーの端くれだったのか、と自虐的なことも考えたりしましたが、2日目の終わりになると多少自信を取り戻せるようなりました。

一つの原因として、1日目のレッスンが終わった時に、仲間同士で「もっと滑る?」、「いや、いいイメージのまま終わりたい」などと言う会話をしていらっしゃいました。

私はといえば「滑れるだけ滑るに決まってるじゃん」とその日習ったことをいろいろと復習していました。その際に今日何を教わったか、自分の欠点は何で、それに対してどんなアドバイスをもらったのかを思い出しながら一つ一つ確認しながら滑っていきました。

レッスンの時は出来てたのに今は出来ないなんてことも、もちろんありましたが、2日目が終わる頃には、だいぶ滑れるようなっていたのです。

この経験からレッスンを受けた後に、独りで復習する事の大切さをあらためて想いました。レッスンの時は先生が目の前で滑ってくれるので、自分も同じラインを滑って行けばよいのですが、独りだとそのラインは自分が作っていかなければなりません。

うまくいかなくても、レッスン中なら直ぐに先生からのアドバイスがありますが、独りなら自分でそれに気づかなければなりませんね。

うまく滑れていればそれを継続していけば良いですし、うまくいかなければ自分の現時点出の問題点がはっきりします。

そうしたら、次回レッスンを受けるときに、問題点を教師に話していただければ、より深いレッスンが出来ますので、結局は自分にとってのプラスになるのです。

せっかく高いお金を払うのですから、スクールを有効活用していただき、楽しいスキーライフをお送りください。

シーズンインも直ぐ目の前になってきました。みなさんの良いシーズンを心から祈念いたします。



2018年11月5日月曜日

シーズンインの前に・・・

皆さまこんばんは、ともぞーです

昨晩たまたまテレビをつけたら、『私をスキーに連れてって』を発見!
何となくは観てきたけど、今回マジメに観たら本当におもしろかったです
今の映画では絶対ロケしないようなシーンもあり、それがまた貴重で見応えがあります
吹き替えのスキーヤーが上手で、いともカンタンに滑ってるかのように見えますが、
それはマジックなのですね
師匠のTOK先生マジックにも、過去何度もかかりましたが、本当に上手いスキーヤーは
そう思わせるのだなあと思います

余談で、先月聴いたピアノの巨匠マウリツィオ・ポリーニのピアノは、さらさらっと
何気なく弾くのですが、実は難曲で、しかもそれをアンコールで演奏する凄さ!
水が自然に流れるような音楽の流れがあります

話は戻って、カンタンそうに滑り、そして楽しそうに滑るのは
インストラクターとして大事なことだなあと感じます
そういう雰囲気をお伝えできればうれしいです

それでは、じっくり秋を感じながらお過ごしください

2018年10月31日水曜日

理想とする滑りってなんだろう?



みなさん、こんにちは toriです。

続けざまの台風が過ぎ去ったと思ったら、一気に冷え込んできましたね。
私は仕事柄あっちこっちと飛び回るのですが、この季節は気温差に悩まされます。
朝いた場所と昼に居た場所と寝る場所で、前々気温が違うと、
すぐ鼻がぐずぐず言い出します(悩)


11月に入り、色んなところから雪の便りが届き始めましたね。
月末にはスキー場もオープンし始めます。
皆さんは用具・ウェアの準備を始めていますか?
私はウェア以外は準備完了しています!
正確にはいつでも出せるところに置きっぱなしなんですが(^_^;)

さて、今年はどんなシーズンになるでしょうか?
サラリーマンスキーヤーとしては、週末毎に新雪が入るサイクルに
なってくれると嬉しいのですが。。。

そして、今年は満足できる滑りが出来るでしょうか?不安で一杯です。
私の満足できる滑りは、出会った全てのシチュエーションで
楽しかったと感じられる滑りです。
転ばないで滑れたか?重心が安定した滑りができたか?
しっかり圧を吸収して滑れたか?ではなく、楽しかったと感じられたか です。
難しい斜面も、肉体的に厳しい状況も、ダラッとした緩斜面も、
レッスンでも楽しさを感じて滑りたいと思っています。

今シーズンも楽しむ気持ちを忘れずに、恵の雪に感謝してスキーに行きましょう!



   追伸 長らく出張が続いていまして、極めて不健康な生活を送っています。
従って、ダイエット進捗なし・・・ヤバイ

2018年10月28日日曜日

こんばんは、Konです。

ようやく秋めいてきました、食欲の秋ということで新米のおいしい季節ですね。

先日白馬に行く機会がありました。
紅葉は始まりの感じでしたがとても綺麗でした。

お昼にお蕎麦を頂きまして、新そば、そして白馬で食べる蕎麦はやっぱり美味しい。
デザートに「そばがきぜんざい」を頂きまして、これがまた甘さとそばがきの食感が
絶妙で本当においしかったです。

やはり新しいものは良い、との事で今年のシーズンは新しい板をおろします。
シーズンインまでもうすぐです、我々スキーヤーの「新」を楽しみに待ちましょう。


2018年10月23日火曜日

あと少し

こんばんは、Kobaです。

10月もあっという間に後半戦に。
信州は朝晩の冷え込みが少しずつ冬の気配も感じられるようになりました。
【10/21(日)の浅間山】

10/21(日)の別所温泉


冬の準備の前に、もう少し身体に追い込みを掛けてます。
7月のBlogでも記述した畑仕事と自転車です。
先週末は家庭菜園でサツマイモの収穫を家族全員で。
もう少し収量が欲しかったところなので、このリベンジは来年に。。。
この後に続くのは大根、白菜、キウイフルーツ等。
秋の収穫はまだまだ続きます。
自転車は5月から乗り始めて週末を中心に周回コースを約30日くらい。
この周回コースは1周30㎞なので、totalで900㎞位は走ったことになります。
年々代謝は落ちているので、残念ながらダイエット効果は見られません。。。
それでも着実に季節は進んでいるので、
雪上に立つまでに、身体を動かし続ける予定です。

Koba




2018年10月21日日曜日

リハビリ登山

ご無沙汰しています。kaorinです。
早いもので10月も下旬、そこここから初雪、初冠雪の便りが聞こえてきました。
松本もここ2週間でぐぐっと寒くなり、そろそろストーブの出番か、という感じです。

3月の骨折をしてから、おかげさまで日常生活はまったく問題ない状態まで
回復しています。ということで、10/8(祝)に山に登ってみました。
前日にイントラ仲間のNishiさんから連絡をもらい、唐松岳へ。
八方尾根スキー場の最上部のリフト、グラートクワッドで標高1830mまで上がり、
そこから3時間半かけて標高約2700mの山頂に無事辿り着くことができました。
タイムもほぼ標準でいいペースで登れたと思っています。

ただ、やはりまだまだ筋力が足らないと感じた場面もたくさんあったので、
シーズンインに向けて、もう少し負荷をかけたトレーニングの必要も感じました。



紅葉が見頃でした。
唐松岳は、ハイマツよりも標高の高いところに樹林帯があるという
非常に珍しい植生を持っています。

頂上までもう少し!!
積雪が多いために、左側の富山県側は雪で削られてなだらか、
逆側は崖と、尾根の左右で地形が違っています。


無事、登頂!!
お疲れ様でした!!
山頂からは、立山や剱岳が目の前に、遠くに槍ヶ岳も見えました。

さて、シーズンも近づいてきましたが、
先シーズンとも勤務先の勤務体制が変わり、
今シーズンは野麦への出勤は難しくなりました。
野麦での再会を楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるかと思いますが、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

kaorin

2018年10月16日火曜日

サイクル

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

10月も中盤に入りもうすぐシーズンインとなり気持ちが高まってきている方も
多いかとおもいますが皆さんはいかがお過ごしですか? 

私もつい先日まで滑っていたのですがすでに雪上が恋しくなってきています。

振り返ってみるとこの1年間は3か月ごとに生活が変わり
目まぐるしく時間が過ぎていった気がします。

この先、このサイクルが維持されるのかはわかりませんが
この流れが続くと非常に1年の流れが速くなるように感じています。

12-3月:野麦
 
4-7月:就職活動→オフのお仕事
 
7-9月:NZで雪上のお仕事(?笑)

10-12月:就職活動→オフのお仕事

最近、日本では四季がなくなりつつあると言われますが
オッキーの中ではくっきりと四半期ごとに様々な変化があります!(笑)

このおかげで1年が過ぎ去るのが非常に速いものと感じています。

特にここ2年は年に2回スキーシーズンがあるので1年で2サイクルの感じがあり
 
それがさらにスピード感を上げているのだと思います。

このスピード感で今シーズンも一気にシーズンインまで持っていきたいと思います!

皆さんも、このサイクルに乗ってみたいのなら遠慮なく連絡ください。

スピード感のある生活のアドバイスをお伝えしますよ!( ̄▽ ̄)



by オッキー