2019年5月12日日曜日

乗鞍岳BC

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

前回のブログで望月が乗鞍BCについて書いていましたが
今回も引き続き乗鞍BCの話題をお届けします。

私の乗鞍BC歴は20年以上ですが
その半数以上が主要なスキー場のGW営業が
終ったあとの次の週です。

その間、経験や道具類も手に入れ
ここ5年くらいでスキー場が営業している期間でも
登って滑るようになりました。

しかし、通常にスキーを楽しまれている方から
するとまだスキー場が営業している期間にも関わらず
登ってまで滑るというのはなかなか
理解しにくい点があると思います。

今回は、その理解しにくい点を
私がどうやって超えてきたのかを紹介させてもらいます。

まず一番はお手軽に海外スキーの雰囲気が
体験できるということです。

海外スキーというと皆さんどんなイメージを持ちますか?

林など視界を遮るもがなく広大な景色の中で
滑っている風景を想像される方が多いのではないでしょうか?

それに比べて日本のスキー場はほぼすべてが
森林限界以下にあります。

ということはリフトに乗って滑るところは林や森などがなく
地形そのものを滑れる場所はほぼないということになります。
注)豪雪地域で林すら埋まってしまうところがあります。

かといって海外スキーに行くとなると
お金とお休みが必要になります。

この二点が多くの方にハードルとなるかと思います。

しかし、BCスキーであれば1日で
海外スキーのような地形を滑ることができます!

海外スキーのような風景だと思いませんか?

そして2番目は道具の進化です。

私が初めて乗鞍に登って滑った時は
登山靴をはいてすべての道具を背負って登りました。

今思うと若かくて体力があったからできたのだと思います。
あの装備で今のように楽しみながら
登れるかと考えるとかなり疑問に思います。

今はBCブームということもあり
多くの道具類が販売されています。

そのおかげでBCスキーのハードルが非常に低くなってきています。

ちなみに私もスキーシール、TLTビィンディングと
専用ブーツを利用しています。


この道具類のおかげもあり
今回のBCスキーは乗鞍スキー場の
三本滝レストハウスから登りを開始し

標高差1200mほどある頂上まで
約4時間30分で到着しました!


今回は天気がよかっこともあり
道中の景色も楽しみながら登れました!(^^)v




そして最後の三つめはゲレンデでは体験できない
雪質を楽しめるということです。

今回も頂上付近から滑り出すときは前日のシュプールが
まったくずれ幅の無いもので
かなり難しいコンディションかと想像されました。


しかし滑り出してみると前日とは条件が
変わっているようで斜面に刻まれているシュプールのような
全くずれないような雪ではなく
しっかりとスキーに乗ればちゃんとズレてくれ
非常に快適な滑走を楽しめることができました!(^o^)丿
3000m付近からの斜面


2800m付近からの私のシュプール(^^)v

どちらもかなり快適でした!

標高2500m付近から下はストップスノーの
比率が増えだし快適といえない状況になりましたが

天候、気温、日のさし方などで雪質が変わる中で
そのコンディションを楽しめた時の
爽快感はゲレンデで感じるものより
何倍も高いものです!

また斜面も30度を超えるような
急斜面もあり
ゲレンデでは体験できない滑走を
楽しめる点も大きな魅力の一つです。

この写真の右側斜面は30度以上&
途中からストップスノーとなり
かなりスリリングな滑走となりましたが…(;^_^A

これら3点が私をBCスキーに導いてくれた大きな要素です。

シーズン中も少なくない方からBCスキーに
興味があるとのお話をお聞きしました。

やってみたいけど、どうすればよいのかな?
どうすれば楽しめるのかな?
という方はこれらの点を意識して
準備、トライしてみてはどうでしょうか?

興味や質問がある方は遠慮なくお問い合わせください!




by オッキー

2019年5月2日木曜日

スキーの総合力が上がる

みなさん、こんにちは。望月です。
今シーズン二回目の乗鞍岳でのバックカントリーに行ってきました。
松本市内は晴れ予報だったんですが、そこは山の天気。8時半のバスに乗る頃には雪が降り出す荒れた天気で、雪が収まったと思ったら、時々吹く強風にあおられたりしましたが、徐々に天候も回復し、摩利支天岳に登り、富士見岳へ移動して一本目はそこからドロップイン。登り返してツアーコースに向かい、無事に滑って帰って来られました。

さて、今日のタイトルですが、ゲレンデと違い自然のままの雪を滑るのがバックカントリーです。ゲレンデなら雪が悪そうだから、ここは滑らないとかの選択ができますが、バックカントリーの場合は、最善のコースの選択はしますが、基本的に目の前の斜面は滑らないと帰れませんので、スキーの総合力が問われます。

今日は最初にドロップインした場所はカリカリのアイスバーンの上にところどころ新雪が乗っている状況。整地されたゲレンデなら多少硬くてもこんな風に滑れるだろうなという予想がつきますが、バックカントリーでは滑ってみないとわからないので、最初は慎重に雪の状態を見ながらスタートしてその雪に合ったターンをしていきます。

偉そうなことを書いてますが、今日は最初は横滑りとプルークスタンスを使って滑っており、端から見たらあんまりカッコ良くは無かったでしょうね。

徐々に引くターンや普段滑っているフィーリングなどを試しながら滑って行くのですが、その間にも雪はどんどん変わります。きつめのクラストだったり沈む雪だったり、ザラメが出てきたり。そのたび調整、調整で滑ります。

そうこうしている内に、ツアーコースに戻ってきても、ここは登山者も通るのででこぼこしてるし雪も重いとなって足も疲れてきてるし、けっこう気を使います。

でも、最初は格好なんか二の次で滑って降りられれば上等くらいの気持ちで降りて来るのですが、いろいろな雪で揉まれると普段やってるフィーリングスキーが応用できる事も多く、滑り終わった後に多少の自信も感じることができました。スキーの総合力を鍛えるのには、なかなか良い機会ですよ。

バックカントリーを始めるには、用具もいろいろと必要で、少しハードルが高いですが、乗鞍にはスキーだけあれば、ビーコン、ゾンデ、スコップと言った必須用具や新雪用のバスケットが着いたストックや、ザックにスノーシューなど全部レンタルできる入門コースツアーもありますので、一回試しにやってみたいという方は、スクールに来られたときにご相談ください。


2019年4月27日土曜日

少しずつ成長

みなさんこんにちは。望月です。

野麦終了後のASAMA2000での試乗会に行った後はしばらく滑る機会が無かったのですが、ようやく先週、今週と白馬五竜で滑ることが出来ました。

しかし、お天気はというと、先週は最初の写真のようないい天気、今週は後の写真のように真冬のような天気でした。

4/20の白馬五竜


4/27の白馬五竜
この時期ですので20日は暑いくらいの陽気で、雪はザクザク。朝一はまずまずでしたが、すぐに雪面は荒れ始め、なおかつストップスノーもあり滑りにくくなりました。

27日は若干湿ってはいますが、トップシーズンのような雪が降っていて春の柔らかい雪の上に、新雪が少し積もった状態。滑りはじめは滑走性も良く、シャーベット状の雪が滑りやすかったのでが、ベースが柔らかいのでやはり雪面は荒れ始め、しかも気温が下がってくるので凍結するほどでは無いですが、荒れた雪面がそのまま固まってきていました。

そんなわけで、両日とも気を抜いて楽に滑れるような状況では無かったのですが、雪のせいにだけしていると自分の成長も無いので、いろいろなことを試してみました。

まずは困った時の引くターン(笑)。確実に外足荷重が強まりますので、難しい状況ではターンがしやすくなります。

また、今シーズン私がレッスンでもお話し、自分でも心がけていることですが、ターン最初から雪をしっかりととらえて、その後はジェットコースターのように谷回りを作って行くイメージ。

足元の感覚を確認しながら滑ってみると、毎ターン100%とはいきませんが、良いターンがいくつかできるようになってきました。

今日のタイトルにも書いたのですが、難しい状況でも何ターンか良い滑りができたということは、自分がその分成長しているわけですから、それを楽しむという気持ちが大切だと思います。

できないことでなく、できたことを喜ぶ。長い目で見てそれを続けていけば、少しずつでも成長し続けることができて、励みにもなりますから、ずっとスキーを楽しめると思います。

シーズンも本当の終盤ですが、まだ滑る人も、また来シーズンという人も、ご自身の少しずつの成長を楽しんでいっていただきたいと思います。

2019年4月18日木曜日

営業終了後の野麦2

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

前回のブログで4月16日に営業を終了した野麦峠スキー場-小鉢盛山
に登って来た時の様子を紹介しました。

今回は小鉢盛山から下山にかけての様子を紹介させてもらいます。

予定の鉢盛山をあきらめ手前の小鉢盛山で引き返すことにしました。
 
ここからは登り仕様から滑り仕様に変えてスキーで滑っております。

ただ、予想していた以上に大変!(T_T)
 


登りの時に通過してきたので木の密度が高いのは
分かっていたのですが、それに加えて気温がぐっと
上がってしまったために強烈なストップスノー…(~_~;)

以前、登った時はシーズン中だったのでここまでのストップスノーではなく
小鉢盛山からスキー場のベースまで約30分で降りられました。
しかし今回はターンすることもままならず
移動時間はその時より大幅にかかってしまいました。

それでも比較的景色が見える東側の風景を楽しみながら
滑り降りてくると…

遠くには蓼科山が見えます。



国土地理院の地図を見ても東側のが広葉樹のマークが
多く、実際にもこちら側のが抜けているところが多いです。

針葉樹は広葉樹と比べて成長するのに
それほど光をたくさん必要としないので
木と木の間隔が狭くなりがちです。
それに対して広葉樹はより多くの光を必要とするため
木と木の間隔が広くなるのがその要因です。
 こちらはもう少し北東側の景色で正面には浅間山

そして写真中腹が松本平の南側で塩尻市付近です。

そしてそのまま尾根をスキー場の頂上に向かって
再度登り装備に変えて進むと。。。
 
エキスパートの入り口に到着です。


乗鞍が奇麗に見えていました。


エキスパートは斜度があるのとベースとなる斜面に
何個か大きな穴があるので地面が出ている場所が
あるかと思ったのですが一面真っ白のままでした。


上部は吹き溜まっていたので
シーズン中より雪深いところも…


そしてそのままラビット奥にある鉄塔跡地までもう一登り。


ラビット降り場から10分も登ると写真の様な
サッカーコートほどのひらけた場所にでます。


この場所は昔、この尾根を越えて電波をやり取りするために
中継ポイントとして鉄塔が立っていました。

そのためにこんな広い場所がこっそり
スキー場の頂上近くにあるのです。

尾根上の少し小高くなった場所にあるので
東側の景色も比較的良く見えます。

木曽駒ケ岳


木曽駒とやぶはらスキー場


木曽駒とやぶはらスキー場は野麦のコースからだと
樹海コースの峰の原の裏付近から林越しに見える程度ですが
ここからならどちらもしっかりと見ることができます。

御嶽山
 
スキー場から見える御岳と比較して
少し南側からの景色になります。
 
そのため御嶽山の写真左側の稜線付近に見える
おんたけ2240が少し御岳の真ん中よりに見えます。

そしてよく見ると頂上左上付近には
まだ水蒸気が登っているのが見えます。
 小鉢盛山と鉢盛山
 
 左の山が先ほど登った小鉢盛山(2374m)
右側がいけなかった鉢盛山(2446m)
小鉢盛山から鉢盛山へは一度170-180mほど下り
再度、登り返す必要があります。
 
スキー場の営業期間中も3月になり雪が落ち着いてくると
ラビット降り場から日帰りで登られている方も見かけます。
ただし十分な雪山装備が必要です!
 
 チャンピオン5

この広場の東側の林の向こうに少しひらけた場所があり
ここも非公式にチャンピオン5(注)と呼ぶ人たちがいます。
 (注:奈川在住の変態テレマークスキーヤーが命名)

南向きの斜面なので旬の時間は短そうですが
タイミングが合えばよいBCコースになりそうです。
 
鉄塔跡地でのんびりしている間に
気が付いてみるともう2時30分。
シーズン中と違い日が長いのでついつい時間の経過を
忘れてしまいます。
 
という事でやっと本格的に滑走開始!

コース選択は非常に悩みましたが
普段は滑れないラビット線下を選択。
 
し・か・し。。。

全くターンできない!
 
という事ですぐにラビットに脱出。
 
しかしそこでも全くターンできず…

というのも
前日に積雪があったようでその積雪が
今日の気温上昇で一気に緩み
強烈なストップスノーになっていました…

実は登っている時からスキーシールに雪が
べったりと引っ付いたりしており
かなり止まる雪になるだろうなと想像はしていました。
 
それに加えて2時半過ぎまでのんびりしたので融雪も進み
想像以上のストップスノーとなっていました…(;´Д`)

ラビットも何とか通過してチャンピオン
 
シュプールを見てもらっても分かるように
全くターンできず…(;''∀'')


パノラマ


この辺りまで来ると前日の降雪の影響が少なくなり
比較的ターンできるようになってきました。
ただ爽快感までは…

立て水


シーズン中の人口降雪のおかげで雪を付けたところには
まだベースがしっかりとした雪が残っていました。
この人口降雪と斜度のおかげで
快適に滑れた斜面でした。(*^^)v

そして最後はトレーニングバーン


ここもしっかりと人口降雪で雪を付けていたおかげで
この日の一番良い斜面でした。

単純に滑りを楽しむだけならトレバン、立て水を
繰り返すのが楽しかったと思います。
ただ朝の登りだした時と比べても
地面が見えているところが広がってきており
この状態で滑れるのもあとそれほど長くないと思われます。

 
 昔々、まだ野麦峠スキー場にお客さんがたくさん来ていた時
(今と比べて4-5倍の来場者‼ (◎_◎;) )に今回登った
小鉢盛山方面までコースを延長する話もあったそうです。

もしそれが実行されていたら今回、私が登ったコースも
スキー場として普通に皆さんが見たり立てたりしたかもしれません。

小鉢盛山から東西の景色を楽しみながら林間滑走
小鉢盛山尾根からチャンピオン3コース
鉄塔跡地奥のチャンピオン5コース
鉄塔跡地広場に大きな展望台&休憩施設
などなど

ただ現在のスキー、スノーボード人口の減少を
考えるとそのような投資をしていたら野麦峠スキー場の
運営がどこかで行き詰っていたことも想定されます。

現状では今の野麦は小さい規模ながらも標高差700mのコースを
高速リフト2本でつなぎ15分もあればベースから頂上に立てる
滑り手にとって非常に魅力あるスキー場となっています。

今後、何か良い風が吹いたときに今の条件に加えて
鉢盛山方面への開発などでさらに良いスキー場に
発展してくれるといいなと思わせてくれた1日でした。

オッキー
 


2019年4月17日水曜日

営業終了後の野麦

皆さん、こんにちは!

オッキーです。

今年は3月以降に定期的な雪があり
春スキーを楽しまれている方には良いシーズンになっていると思います。

オッキーも春スキーを楽しむ一人として今回は
営業が終了した野麦峠スキー場に足をのばしてきました。

ここ数年の傾向だと4月の中旬ともなればすでに
野麦の下部の雪はなくなり途中まではスキーを
担いでからスキーでの登りが予想されました。
 
しかし今年は雪が多くトレーニングバーンの中腹まで
雪が続いていました!\(^o^)/

リフトの営業はすでに終了しているので
スキーにシールを付けて自分の足で登ります。

すでに数名の方のよさそうなシュプールが刻まれており
期待感が高まります! 

 シュプールだけではなく先行者‼ (◎_◎;)
の足跡も… (;´Д`)
この後は先行者とお会いしないように
定期的にホイッスルを吹き続けました…(-_-)

スキー場は斜度はあるけど平坦&斜度も安定してるので
順調に登れ1時間ほどでパノラマに到着。

パノラマ横の丸山はシーズン中よりも積雪が多いかも!

天気予報を見てやってきたので予想通りの快晴!
前日、上部は積雪があったようでパノラマであたりからは
新雪の柔らかい感触を楽しみながら登れました。(*^^)v

1時間半ほどでライナー降り場に到着。
コース脇の木々に雪が積もっており
上部は前日にそれなりの積雪があった様子。

レストラン樹海も窓が半分ほど隠れる屋根からの落雪
営業終了後の積雪量の凄さが分かります。
いまさら言ってしょうがないんだけど
もう少し営業してほしかった…(~_~;)

今回はスキー以外にも目的があったので
この好条件の中すぐにでも滑りだしたい気持ちを押さえて登り再開。
今にして思えばこの時に滑りだしておけばよかった…(~_~;)

今回のスキー以外のもう一つの目的は鉢盛山に登り
頂上から北アルプスの景色を見ることでした。

そのためにまずチャンピオン2中腹から北側の
チャンピオン3(注)に入り鉢盛山-小鉢盛山-スキー場頂上の
稜線を目指します。
注:非公式コース名で奈川在住の変態スキーヤーが命名
他にもチャンピオン1.5、4、5があります。

林の中のため方向の特定がうまくいかず
かなり迷走しながらなんとか稜線に到着。
予定よりは30分ほどオーバー…( ̄▽ ̄;)

 標高は2100mほどはかなりの積雪!
もしかしたら雪が少なくてクマザサが出てるかも
と心配してましたが全く問題なし!

 以前にもスキー場の営業期間中に登っているので
ある程度は予想していましたがやっぱり木が多い…

木が多く狭い尾根なのでシールを付けたスキーで登るには
コース取りがままならずかなりの急斜面を登ることに…
 という事で、ここでスペシャルアイテム登場!!!
スキーアイゼン!
シールだけだと30度くらいの斜度はシールが効かなくなり
滑って登れなくなるんだけど
このアイテムのおかげでなんとかスキーを履いたまま登り継続!
 こんな感じの登りがずっと…
時折、東側に少し広がっているところもあるけど
木が生えてないので多分雪庇…
単独行という事もあり慎重に行動というか
ビビりながらの登り…(;´Д`)
 
時折見える林の隙間からはきれいな景色が
見えるのですが針葉樹の森なので
ほとんど隙間がない…(;´Д`)


 そしてなんとか小鉢盛山の頂上に到着。
目標の鉢盛山の山頂の反射板もかなり近くに!
しかしここですでに12時過ぎ

鉢盛山へ続く稜線がも少しひらけててスキーで
すぐに滑り降りられそうなら行ってたけど
写真で見てもらっても密度の高い森で
どう考えても快適に滑れなさそう…
時間もかかりそうだったから今回は見送り。
 
シーズン中に鉢盛山に登る人でスキーシールで行く人が
少ない事を深く納得。(^-^;

ただ残念なのは小鉢盛山には頂上らしき印が
なく登頂した達成感が高まらず…(~_~;)

 
 途中で引き返したために少し時間に余裕ができ
戻りは少し景色を楽しみながら。
東側の景色は雪庇による雪崩のせいか
西側よりは開けた場所が多い感じ。
後から調べてみると浅間山や蓼科山や
もう少し南側の木曽駒ケ岳と仙丈ケ岳の間からは富士山も見えるようです。

野麦のエキスパート裏から富士山が見えるという話がありますが
調べたところ、この辺りまでこないと見えないようです。

そして何とか見つけた北西側の森の隙間から
野麦から見える景色だと前穂高岳のすぐ東側に
鉢盛山のすそ野がかかってしまいます。

しかし小鉢盛山付近からは少し角度がズレるので
大喰岳、槍ヶ岳、野口五郎岳、立山などが
見えました。(帰宅後写真で確認)
少し長くなったのでその後はまた次のブログで紹介します。(*^^)v

オッキー