2017年2月20日月曜日

標高の勝利?

お久しぶりのkaorinです。
約1週間ぶりに野麦に帰ってきました。
朝、松本市内の自宅を出る頃は、どんよりと曇ってはいたけど、
まだ雨も雪も降っていなかったのですが、
山を登るにつれ、フロントガラスを雨粒が叩くようになり...

風も強いし、今日はリフト動くのかなぁ...
今日の午後からキャンプなのになぁ...

と憂鬱になりながら運転していました。
が、奈川渡ダムのトンネルを抜けると、
空から落ちてくるものが白いものに変わり...
スキー場に上がってみると、
景気良く雪が降っているではないですか!!

風が強くて、営業開始から30分で上部のスカイラビットリフトは
運休してしまいましたが、
立て水の坂までは、表面に10cmほど粒子の細かい新雪が積もっていて、
スキー板に当たる雪の感触が気持ちよかったです。

さすがに、ベースまで降りてくるとストップスノーになってしまいましたが、
思ったよりも快適に滑ることができました。
これって、やっぱりベースでも1300mという標高のなせる技ですよね!!

ま、それでも湿気の多い雪ではあったので、
2時間のレッスンで、ウェアはずぶ濡れになってしまいましたが...

今回のキャンプの受講者は7名。
今日のレッスン、誰もやめようとは言いません。
みなさん、スキー好きですよね〜
こういう天気の時って、滑りだすまでは億劫なんですが、
滑り出してしまえば、楽しくなるものです!

ラビットが運休していたし、
明日の上部ゲレンデはウハウハかもしれませんね。

16:00現在、センターハウス前の様子です。
結構な勢いで雪が降っています。

by kaorin

0 件のコメント:

コメントを投稿