2017年3月21日火曜日

受講者の気持ち?

kaorinです。
今シーズンは、あまりボードレッスンの機会がなかったのですが、
先日、友人にボードを教えてもらいました。
そこで、カービングターンを教えてもらったのですが、
エッジに初めて乗れた時の感動と言ったら...
できなかったことができる喜びを思い出しました。


そして、調子に乗って
今日、野麦でボードをやってみたのですが...
斜度はきついし、ボコボコだし...
怖くて、前にできてたことが全然できません。
レッスン中でも、雪がボコボコした途端に滑れない
とおっしゃる方がいるのですが、
今日は、その方の気持ちがよく分かりました。
スキーだとなんでもないボコボコがとてつもなく大きく見えるのです。
スクールのベストを着て滑ってるのが恥ずかしくなるくらい...
会う人会う人には、「ボードもするんだ」と言われるし...
やっぱりボードは平日だけにすればよかった
なんて思ったりして。

それでも、何本か滑ってるうちに慣れてきて
なんとか思い通りに滑ることができました。
スキーをしている分、エッジ感覚が掴めれば思い切って
落ちることもできます。


今日は、できないと思っていたことが、
できるようになる楽しさを思い出しました。
これって、大切な感覚ですよね。
スキーでもボードでも、そんな楽しさを感じていただけるような
レッスンをしたい、と思っています。
野麦はあと1週間ですが、スキーシーズンはまだまだ続きます。
今後とも、よろしくお願いいたします。

by kaorin

0 件のコメント:

コメントを投稿