2018年1月12日金曜日

カスタムインソール

フィーリングスキースクールの望月です。

昨日、何年かぶりにカスタムインソールを作成しましたので、
そのことをお話ししたいと思います。


手前は標準のインソール、奥が今回私の足形を取って作成したものです。
目で見ると違いは明らかなんですが、写真だとあまり違って見えないかも(汗)。

標準のものも内側は足裏の土踏まずをサポートする形状になっていますが、
カスタムインソールはそれがより顕著になっていますし、
外側からも足裏をサポートするようになっています。

また、全体が足裏の形状と合っているので、ブーツの中でよりフィットする
ようになりますし、ブーツの中で真っ直ぐに立てるようになります。
これによってスキー操作がよりダイレクトになるはず。

更に、足裏サポートのメリットととして、ブーツの中で足が土踏まず周辺から
持ち上げられるような形になることから、足が立体的に収納されるようになり、
見た目の幅が狭くなります。なのでブーツの当たりの改善が見られると言う
メリットもあるようです。

まあ、ここまではカタログなどに書かれていることなので、これから皆さんが
お金をかけて作るほどのメリットがあるものかどうかは、久しぶりの
カスタムインソールでも有ることですし、昔のものとの違いを含めて、
私が人身御供になって体験レポートいたします。

興味のある方は今後の私の担当の回のブログをご覧下さい。

by 望月

0 件のコメント:

コメントを投稿