2018年1月5日金曜日

雪上に立てない時には。。。

 
こんにちは、Kobaです。
そろそろ通常の生活が始まっている皆さんも多いと思います。
私も平日は会社勤めなので、
 
こんな日のゲレンデ状態が気になるところです。
毎日雪上に立てる訳でも無いので、
絶対的な練習量を確保できません。
そこで私は普段の生活の中でスキーに繋がると思うところを意識しています。
今回はその中の一つの足裏感覚についてお話します。

やる事は簡単。
普段歩くときに足裏の何処から接地して、
足裏の何処に身体の重さを感じるか?を一歩一歩意識するだけです。
この時Feeling skiらしくオレンジがイメージ出来ると尚良しです。
skiと重ね合わせて、
例えばインエッジを使うということは足裏の何処に荷重されているのか?
アウトエッジの場合は?というのを具体的な場所(自分の言葉)で、
説明できるようになるとシメタものです。
後は自分の言葉で表現した感覚を実際に雪上で試すことが出来れば、
毎日雪上に立てなかったとしても感覚のトレーニングを積むことが出来ます。

地味なトレーニングですが、
こんな工夫もスキーの楽しみの一つですので、
皆さんも色んな工夫を考えながら

スクールのfacebookでは「2017/18 Season FSS movie No2」が公開されました。

こちらも是非チェックして下さい。
 
by Koba

0 件のコメント:

コメントを投稿