2018年2月23日金曜日

ジュースを浴びながら面で滑る

フィーリングスキースクールの望月です。

平昌オリンピックのおかげで、普段地上波では
放送されないスキー競技を見ることができ、楽
しんで見ています。

レースの解説者が、タイムロスをなくすため
に、余計な抵抗を受けないように、必要以上の
角付をしないで面に乗ってスキーをたわませて
いくことが大切と言っているのを聞き、基本は
フィーリングスキーでお教えしていることと同
じなんだなあ、と改めて感じました。

もっとも、私ではあの斜度であんなポールセッ
ト、スピードじゃとってもじゃないですが、理
想のエッジングなんて無理ですが(笑)。

さて、では面で滑って行くっていうのはどんな
ことなのか、少し解説してみたいと思います。

静止した状態で斜面に立つと下の図のようにな
ります。この状態ではスキーは斜面に対して十
分な角付がされているので、下にズレていくこと
はありませんね。スキーに対して垂直に立って
乗っているのがわかると思います。



ターンしている状態では、遠心力が働きますの
でそれに対抗していくために、スキーヤーは内
側に傾いていきます。ただし、意識は静止状態
と同様に、スキーの面に対して垂直に乗ってい
るだけです。

このようにスキーの面に対して常に垂直に近い
状態で乗って行くことが面で滑る、ということ
になります。

逆にスキーの面から垂直に引いた線が、体の重
心よりも下になってしまうと角付が多すぎると
いうことになります。

ただし、滑っている最中にはこんなことは自分
ではわかりませんよね。フィーリングスキーで
は、これをオレンジがつぶれて出てくるジュー
スを浴びるというイメージで作ることができま
す。

大回りではスキーのトップ方向、小回りではビ
ンディングのトーピースあたりにオレンジを意
識して、そこから飛んでくるジュースをみぞお
ち付近、あるいはターン孤が小さくなるにつれ
て腰や膝に受けるようにしていきます。

スピードや回転孤などによって、もっと体の内
側に意識したり、外側に意識したりすることに
よって、角付の調整をすることができます。

適切なエッジングをすることにより、スキーは
雪面からの抵抗を受けてたわみ、孤を描いて
くれます。

エッジだけに乗ってしまったり、内倒してしま
うとスキーが回ってきてくれなかったり、何と
なくスキーが軽くなってしまうということを感
じます。

そんなお悩みのあるみなさんは、ぜひジュース
を浴びるイメージを試してみてください。





0 件のコメント:

コメントを投稿