2018年2月7日水曜日

雪とのコミュニケーション

こんばんは、Konです。

今シーズンは良いゲレンデ状態が続いており我々スキーヤーにとっては喜ばしい事なのですが、
一部地域では災害級の雪となっている様で、実際に被害にあわれている方々にはお見舞い申し上げます。
今週末は「スキージャム勝山」にて私の関西コブキャンプが開催される訳ですが、無事に始まり終われるものか心配な所です。

さて、今回は「雪とのコミュニケーション」についてお話したいと思います。
雪とのコミュニケーション?
と感じる方も多いかと思いますが、スキーにおいては対人関係と同様コミュニケーションが大切なのです。

人との間で、お互いに主張するばかりではコミュニケーションが成り立たないのと同じように、
スキーにおいても滑り手が一方的に主張してばかりではうまくいきません。

具体的に雪の何とコミュニケーションするのか?
それは雪からの圧です。
雪からの圧はターン前半とターン後半で大きく変化します。
ターン前半はそれ程大きな圧は来ません、ここで滑り手が自分から圧を加えに行くとバランスを崩しやすくなります。
逆にターン後半は雪からの圧が大きくなりますが、滑り手がこれに対抗するようにふんばってしまうと圧を有効利用できません。
さらに不整地では雪面変化で細かく圧が変化します。

丸いターン弧、スキーの走りといったスキーの動きは雪とのコミュニケーションが上手く行った結果という訳です。

そして上手い結果を引き出す為には…
まずは緩斜面で「スキーを操作する!」という気持ちを捨てて、ただ足裏で圧の変化を感じてみましょう。
きっと雪からの声が聞こえてくるはずです。

0 件のコメント:

コメントを投稿