2018年4月26日木曜日

スキーの面白さについて

先日運転中に片岡鶴太郎の対談をラジオで聞いていましたら、 アナウンサーが「どうしてそんなに多趣味なのですか」との問いに
 
「私は私の中からシード(種)を見つけたらそれを育てているだけなのです」
 
「神様から頂いた物を育てるのだから、神も応援してくれる」
 
役者の演技について
 
「上手く演じようとしているのを見るとすぐにわかる。クサイの です。 演じるのでなくその役に成り切ることです。」
 
また、絵についても
 
「上手く書こうとしている絵はすぐにわかります。 上手く書くのでなく、自分の思ったまま書けばいいのです。それが一番素晴らしい絵 なのです」
 
と言った様な内容だったと思います。
 
それと、フィーリングスキーに思いを重ねている自分がいました。
 
自分の身体をスキーの真上に置き続けるためにどうすればいいのか?
 
今、このことが一番面白いと感じています。
 
 
そのために、歩いている時にも股関節がどのように動いているのかを 確認しながら歩ける時間が少しでも多くなるように心がけていいます。



by じーまろ

0 件のコメント:

コメントを投稿