2018年6月8日金曜日

山歩き

昨日から梅雨入り。
雨が降ると、オフシーズンの生駒山散策が出来ない日が多くなりますので
少しの晴れ間を狙って歩くようにしています。 
(生駒山は642mの大阪と奈良を分けている山です)

山歩きは自然の移り変わりを肌で感じるのが一番の楽しみですが
歩きながらスキーにつながるものを見つけました。

歩く時に、足裏にオレンジを感じられるのは下りの時だけですが
足のどこかに注意(気持ちを集中)しながら歩くと、身体の不思議を感じます。

例えば、少し傾斜のある下り坂でスラロームしながら歩く時に
腰の方向を少し意識するだけで楽に歩けたり、また、本当にゆるい下り坂では
股関節から脚の内側の筋肉を意識して歩くと
スキーでの体重移動を疑似体験しているように感じたりします。

少しでも長くスキーを続けたいと5年前から山歩きするようになりましたが
このように歩きながら体重移動を考えるということは
フィーリングスキーに出会わなかったらなかったことでしょう。

同じことをしていてもフィーリングスキーは色々な楽しみ方を与えてくれ
人生を豊かにしてくれています。

この気付きが次のスキーシーズンにまた新しい気付きへと導いてくれて
よりスキーの魅力の深みにはまっていくのを楽しみにしています。



by じーまろ




0 件のコメント:

コメントを投稿