2018年10月31日水曜日

理想とする滑りってなんだろう?



みなさん、こんにちは toriです。

続けざまの台風が過ぎ去ったと思ったら、一気に冷え込んできましたね。
私は仕事柄あっちこっちと飛び回るのですが、この季節は気温差に悩まされます。
朝いた場所と昼に居た場所と寝る場所で、前々気温が違うと、
すぐ鼻がぐずぐず言い出します(悩)


11月に入り、色んなところから雪の便りが届き始めましたね。
月末にはスキー場もオープンし始めます。
皆さんは用具・ウェアの準備を始めていますか?
私はウェア以外は準備完了しています!
正確にはいつでも出せるところに置きっぱなしなんですが(^_^;)

さて、今年はどんなシーズンになるでしょうか?
サラリーマンスキーヤーとしては、週末毎に新雪が入るサイクルに
なってくれると嬉しいのですが。。。

そして、今年は満足できる滑りが出来るでしょうか?不安で一杯です。
私の満足できる滑りは、出会った全てのシチュエーションで
楽しかったと感じられる滑りです。
転ばないで滑れたか?重心が安定した滑りができたか?
しっかり圧を吸収して滑れたか?ではなく、楽しかったと感じられたか です。
難しい斜面も、肉体的に厳しい状況も、ダラッとした緩斜面も、
レッスンでも楽しさを感じて滑りたいと思っています。

今シーズンも楽しむ気持ちを忘れずに、恵の雪に感謝してスキーに行きましょう!



   追伸 長らく出張が続いていまして、極めて不健康な生活を送っています。
従って、ダイエット進捗なし・・・ヤバイ

2018年10月28日日曜日

こんばんは、Konです。

ようやく秋めいてきました、食欲の秋ということで新米のおいしい季節ですね。

先日白馬に行く機会がありました。
紅葉は始まりの感じでしたがとても綺麗でした。

お昼にお蕎麦を頂きまして、新そば、そして白馬で食べる蕎麦はやっぱり美味しい。
デザートに「そばがきぜんざい」を頂きまして、これがまた甘さとそばがきの食感が
絶妙で本当においしかったです。

やはり新しいものは良い、との事で今年のシーズンは新しい板をおろします。
シーズンインまでもうすぐです、我々スキーヤーの「新」を楽しみに待ちましょう。


2018年10月23日火曜日

あと少し

こんばんは、Kobaです。

10月もあっという間に後半戦に。
信州は朝晩の冷え込みが少しずつ冬の気配も感じられるようになりました。
【10/21(日)の浅間山】

10/21(日)の別所温泉


冬の準備の前に、もう少し身体に追い込みを掛けてます。
7月のBlogでも記述した畑仕事と自転車です。
先週末は家庭菜園でサツマイモの収穫を家族全員で。
もう少し収量が欲しかったところなので、このリベンジは来年に。。。
この後に続くのは大根、白菜、キウイフルーツ等。
秋の収穫はまだまだ続きます。
自転車は5月から乗り始めて週末を中心に周回コースを約30日くらい。
この周回コースは1周30㎞なので、totalで900㎞位は走ったことになります。
年々代謝は落ちているので、残念ながらダイエット効果は見られません。。。
それでも着実に季節は進んでいるので、
雪上に立つまでに、身体を動かし続ける予定です。

Koba




2018年10月21日日曜日

リハビリ登山

ご無沙汰しています。kaorinです。
早いもので10月も下旬、そこここから初雪、初冠雪の便りが聞こえてきました。
松本もここ2週間でぐぐっと寒くなり、そろそろストーブの出番か、という感じです。

3月の骨折をしてから、おかげさまで日常生活はまったく問題ない状態まで
回復しています。ということで、10/8(祝)に山に登ってみました。
前日にイントラ仲間のNishiさんから連絡をもらい、唐松岳へ。
八方尾根スキー場の最上部のリフト、グラートクワッドで標高1830mまで上がり、
そこから3時間半かけて標高約2700mの山頂に無事辿り着くことができました。
タイムもほぼ標準でいいペースで登れたと思っています。

ただ、やはりまだまだ筋力が足らないと感じた場面もたくさんあったので、
シーズンインに向けて、もう少し負荷をかけたトレーニングの必要も感じました。



紅葉が見頃でした。
唐松岳は、ハイマツよりも標高の高いところに樹林帯があるという
非常に珍しい植生を持っています。

頂上までもう少し!!
積雪が多いために、左側の富山県側は雪で削られてなだらか、
逆側は崖と、尾根の左右で地形が違っています。


無事、登頂!!
お疲れ様でした!!
山頂からは、立山や剱岳が目の前に、遠くに槍ヶ岳も見えました。

さて、シーズンも近づいてきましたが、
先シーズンとも勤務先の勤務体制が変わり、
今シーズンは野麦への出勤は難しくなりました。
野麦での再会を楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるかと思いますが、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

kaorin

2018年10月16日火曜日

サイクル

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

10月も中盤に入りもうすぐシーズンインとなり気持ちが高まってきている方も
多いかとおもいますが皆さんはいかがお過ごしですか? 

私もつい先日まで滑っていたのですがすでに雪上が恋しくなってきています。

振り返ってみるとこの1年間は3か月ごとに生活が変わり
目まぐるしく時間が過ぎていった気がします。

この先、このサイクルが維持されるのかはわかりませんが
この流れが続くと非常に1年の流れが速くなるように感じています。

12-3月:野麦
 
4-7月:就職活動→オフのお仕事
 
7-9月:NZで雪上のお仕事(?笑)

10-12月:就職活動→オフのお仕事

最近、日本では四季がなくなりつつあると言われますが
オッキーの中ではくっきりと四半期ごとに様々な変化があります!(笑)

このおかげで1年が過ぎ去るのが非常に速いものと感じています。

特にここ2年は年に2回スキーシーズンがあるので1年で2サイクルの感じがあり
 
それがさらにスピード感を上げているのだと思います。

このスピード感で今シーズンも一気にシーズンインまで持っていきたいと思います!

皆さんも、このサイクルに乗ってみたいのなら遠慮なく連絡ください。

スピード感のある生活のアドバイスをお伝えしますよ!( ̄▽ ̄)



by オッキー


2018年10月15日月曜日

歩く

 
最近歩く速度がおそくなったと思い、早く歩こうとしても何かが違う。

エネルギーが足に伝わらない。

そこで老人の歩き方を真似して歩いてみた。

姿勢は腰を曲げ、アゴを突き出し、両肩 が前で手は後ろ。

よく見かける歩き方です。

筋肉はどこを使っているのかを感じてみると、腹筋使用感覚ゼロ、意識だけ前のめり といった感じ。 そうかと、腹筋を使って歩いてみると背筋も伸び早くは歩ける、が長続きしない。

そこで、以前今ちゃんに言われたことを思い出した「老人のスキーの姿勢は肛門が開 いて花が咲いている。しまりが悪い」

肛門を閉めるには骨盤底筋だ。

そこを意識して歩いてみると昔歩いていた感覚が戻っ て歩くスピードも戻ってきた。

歩いている時も色々な筋肉を使っているものだと感心し、これはスキーにも使えると おもいます。

尿漏れに近い感覚がある方、是非一度試してみてください。

元気に「人生100歳を!」



by じーまろ

2018年10月8日月曜日

上達のコツ

こんばんは。

うにです。
スキーシーズンも近づいてきたので少し有効な内容を。
ということで上達のコツについて話して見たいと思います。
そのコツとは・・・。
まず自分の現状を自分でしっかり把握すること。
何がよくできていて、何がよくないのか。その為に一番有効なのはビデオを撮ってもらいそれをよく見ることです。
普通に見ていたのでは気づかないことも多いので、スローやコマ送りを多用しましょう(重要!)。
そして、比較対象となる映像も必要です。
自分だけの映像を見ていているよりも、ここが違う。どう違う?こう違う。というように何かと比較した方が、多くの情報を整理し易いですからね(ここも重要!!)。
そして、その比較しながらの映像確認を毎日10回、1週間は繰り返してみることをお勧めします。(同じ映像を10/×7日なので、70回は見ることになりますね)(ここも重要!!!)
最後の方は、自分の滑りと比較対象の滑りの違いを足裏の感覚でどう違うか考えてみて下さい。(物凄く重要です。)

ビデオ撮影は、友人同士で行うのも良いですし、当スクールでも行っています。こちらは有料となりますが、その結果の活用次第では大変有効な結果をもたらしてくれるので是非ご活用下さい(ちょっぴり営業が入りました)。

2018年10月5日金曜日

PISLABに於けるオニャンコターン

しろくまです。


 前回登場時に書いたPISLABスキーでは、足裏に想定した肉球的オレンジをゴロゴロ転がすオニャンコターンで滑っています。山回りで「ゴロゴロ~♪」と肉球的オレンジを回転させて、谷回りで「ニャオーン」と解き放つのです。(えーわかりにくいでしょうか?詳しくは野麦で!!)

さてここのところ特に意識しているのは、谷回りの「ニャオーン」で外足で弧を描くことです。丸い肉球的オレンジでオレンジ色の弧を外側に円周させるようなイメージなんですが、そこが決まるとスキーが下を向いてから、ゴロゴロと戻ってきてくれます。そこを研究してスキーを走らせるという要素を表現できるように足裏感性を高めている夏から秋なのです。(*^^)v

こんな感じです。

2018年10月1日月曜日

秋の信州を駆け抜ける

こんにちは。SHIGEです。

いよいよ10月になりましたね。

雪のシーズンまでもう少し。

各スキー場では、早割のリフト券やシーズン券の受付も始まって、野麦峠スキー場の早割シーズン券も10月31日までの申し込みなら、大人21,000円・子供8,000円という破格な料金ですから、チェックしてくださいね。

え?もう申し込んだ?

さすがです(笑)

さて、私は9月23日の秋分の日、北信州ハーフマラソン大会に出場してきました。

この大会は、野沢温泉村役場をスタートし、木島平村を経由して、飯山駅前にゴールするという21.0975kmのコースを走る大会です。

秋分の日でありながら、結構気温が上がり、最後はバテバテになりながらもなんとか完走できました。

冬の北信州は雪で真っ白ですが、秋の景色も素晴らしかったですよ。

黄金色に輝く棚田の稲穂、リンゴが実った果樹園の木、そして遠くに見える斑尾山や間近に見える高社山の稜線。



どれを取っても素晴らしかったです。

稲刈りが終わると、いよいよ冬支度。

ゲレンデに雪が降り積もる日が待ち遠しくなりますね。

私は12月2日に、今年最後のハーフマラソン大会に出場して、もし雪が降れば、その翌週からスキーシーズンに突入する予定です。

12月2日は、都内を走る予定なので、近くの方は応援に来てください。

よろしくお願いします。