2018年10月21日日曜日

リハビリ登山

ご無沙汰しています。kaorinです。
早いもので10月も下旬、そこここから初雪、初冠雪の便りが聞こえてきました。
松本もここ2週間でぐぐっと寒くなり、そろそろストーブの出番か、という感じです。

3月の骨折をしてから、おかげさまで日常生活はまったく問題ない状態まで
回復しています。ということで、10/8(祝)に山に登ってみました。
前日にイントラ仲間のNishiさんから連絡をもらい、唐松岳へ。
八方尾根スキー場の最上部のリフト、グラートクワッドで標高1830mまで上がり、
そこから3時間半かけて標高約2700mの山頂に無事辿り着くことができました。
タイムもほぼ標準でいいペースで登れたと思っています。

ただ、やはりまだまだ筋力が足らないと感じた場面もたくさんあったので、
シーズンインに向けて、もう少し負荷をかけたトレーニングの必要も感じました。



紅葉が見頃でした。
唐松岳は、ハイマツよりも標高の高いところに樹林帯があるという
非常に珍しい植生を持っています。

頂上までもう少し!!
積雪が多いために、左側の富山県側は雪で削られてなだらか、
逆側は崖と、尾根の左右で地形が違っています。


無事、登頂!!
お疲れ様でした!!
山頂からは、立山や剱岳が目の前に、遠くに槍ヶ岳も見えました。

さて、シーズンも近づいてきましたが、
先シーズンとも勤務先の勤務体制が変わり、
今シーズンは野麦への出勤は難しくなりました。
野麦での再会を楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるかと思いますが、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

kaorin

0 件のコメント:

コメントを投稿