2019年1月30日水曜日

平日のんびりキャンプ 二日目

 
皆さん、こんにちは!

オッキーです!

今日は平日のんびりキャンプの二日目でした!

昨日に続き本日も気持ちの良い青空の元でレッスンを行えました!


乗鞍岳もくっきり、さらには写真中央奥には白山連峰まで見えています!(^^)v

平日のんびりキャンプ3日間は

半日(午後)、1日、半日(午前)
 
のスケジュールでまる一日のレッスンはこの日のみ。

という事で本日は時間も長いのでちょっとハードルの高いテーマ

直滑降から横滑り

をみっちりとやりました!
 
 Yさん

、谷回りからのターンの入り方がより洗練されました。
 Sさん

本日のレッスンで一番の変化がありました!
ご自身でその変化を実感されていました。(*^^)v

Kさん

小回りに近いターンや
ワンランク上の滑走スピードでのターンを披露してくれました!

Hさん

ターン後半のコントロールが格段に向上し
深いターン弧を描けるようになりました!
 穂高連峰

レッスンの合間に、スキー場から見える景色について
いろいろ紹介させてもらいました。

ちなみに、写真の穂高連峰はお昼過ぎが
ベストタイミングになりますよ。

明日はキャンプ最終日です。

今日までの二日間の成果で
野麦のいろいろなところを滑ってきたいと思います!

by オッキー



2019年1月29日火曜日

平日のんびりキャンプ 初日

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

今日から平日のんびりキャンプが始まりました!

昨日の雪が15㎝ほどの積雪となり
ゲレンデは最高の状態でスタート!



のはずでした。。。

今回の積雪は野麦らしくなく少し湿った感じの雪でした。

そのためゲレンデが午後になると一気に荒れて
全てのコースが粗踏状態となりました。

ということでなかなかコンディション的には
ハードルの高い斜面での初日となりました。

しかし参加者はリピーターの方ばかりで
午後の半日だけで写真の様なすっばらしぃー滑りに!

キーワードはオレンジを絞る!





明日はもう少しゲレンデも落ち着きそうなので
さらにワンランク上の滑りを目指しまーす!

by オッキー



2019年1月26日土曜日

ネイチャースキー

みなさんこんにちは。フィーリングスキースクールの望月です。
今日はいつものゲレンデでのスキーとは少し違う経験についてお話ししたいと思います。


私は平成の合併で松本市になった四賀村という山村の出身です。雪国というほどではありませんが、子供の頃は今よりも雪が多く、田んぼには春まで根雪がありましたし、近所の日陰の坂道では雪が降るとしばらくはソリで遊ぶことができました。

スキーができるような場所ではなかったのですが、野山での雪遊びにはこと欠かきませんでした。

実は先日、そんな子供の頃を思い出させるような経験をしてきました。それが「ネイチャースキー」です。

写真を見てもわかりずらいと思いますが、用具に特徴があり、スキーの滑走面の中央付近に「うろこ」と呼ばれるくぼみがつけてあり、それを滑り止めにして斜面を登ることが出来ますし、そのまま滑ることもできます。

革靴の底をビンディングに引っかけて固定できるようになっていますが、軽量でテレマークスキーのようにかかとが上がるので、スキーを履いたままで歩きやすくなっています。

板の長さは身長くらいで、少し細めですが新雪でも沈まずに歩くことができます。クロスカントリーのように滑るだけでなく、斜面はアルペンスキーのようにすべれます。ただ、アルペンのように固いブーツの力を借りることができないので、曲がるのは基本テレマークターンになります(慣れないうちは低速ならプルークボーゲンでも滑れます)。

はじめにスキー場で歩く滑る、といった基本の動作を練習してから、スキー場の脇を通っている登山道(今は冬季のため通行止め)に入ってそこを歩いたり滑ったりしました。

まだ、テレマークターンができませんので、山の中を滑ることはできなかったのですが、雪原散歩みたいな感じで、歩きながら進みます。そのうちにクロスカントリーのようにだんだんと滑りながら進めるようになってくるのですが、このスルスルという滑走感がアルペンとはまた違った楽しさがあるのです。

途中の景色の良いところで、休憩してティータイム。雪が降ったばかりできれいでしたので、ふわふわの新雪に練乳をかけていただく、なんてこともしました。

そんなことをしながら、子供のころの野山での雪遊び経験を思い出しました。バックカントリーのような本格的な冬山登山ではなく、気軽に野山で遊ぶって感覚はいい大人でも楽しい経験でした。

今シーズンできればあと2,3回くらいは行きたいと思っています。興味のある方一緒に雪遊びしませんか?

2019年1月25日金曜日

今週末のお天気

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

雪不足でスタートしたシーズンですが
徐々に雪も降り積もり野麦のゲレンデ状況もかなり良くなってきました。

条件が良くなればお天気が気になりますね。

理想としては雪が良く、そこそこの低温で晴天が良いかと思います。
 
さて明日以降の天気はどうでしょうか?

いくつかのサイトを紹介していきたいと思います。

Snowforecast


このサイトでは明日、土曜日は終日雪で
日曜日は曇りのち晴れ。


標高1500mの気温、風向き、湿度(米国サイト)
http://wxmaps.org/pix/ea.850

この週末は1500mで -8℃程度の温度となり
北西の風となりそうです。

土曜日はそれほど風もなさそうなので
降った雪はしっかりとゲレンデについてくれそうです。

そうなると日曜日はかなり良いコンディションになるかも?!

今週末の野麦来場の参考にしてください!

オッキー


2019年1月24日木曜日

現在の野麦の様子

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

昨晩から降っていた雪は今朝もまだ降っていました。
ただ途中は止んでいたようでトータル積雪は5-10㎝程でした。

量的にはそれほどでもありませんでしたが
少し湿り気のある雪だったのでゲレンデは
とても柔らかい感触になりました。
 午前中はまだ雲がかかっていましたが
午後からは写真のようにきれいな青空が広がりました。


 ただ残念ながら乗鞍などの北アルプスは最後まで雲の中でした。


トレーニングバーン

上部コースを滑る人が多かったから午後になってもそれほど荒れていませんでした。
 立て水

斜面中腹にゴロゴロがある点以外は硬いところもなく滑りやすいコンディションでした。
 ファミリー

硬めだったこのコースも昨日の雪でかなりかなり柔らかめになりました。

チャンピオン

とても滑りやすくまさにマジックバーンでした。
ただ少し噛みすぎるのでズレのコントロールは少し神経を使います。


ラビットコース 

午後になり多少は荒れましたがほぼ問題ないレベルで
終日、高品質バーンでした。


樹海コース

まだ雪の量が不十分なので圧雪がコースの中央のみとなっています。
ところどころまだわずかにブッシュや石があるので注意が必要です。

峰の原コース上の樹海コース

昨日の降雪&風で毎年恒例の雪庇を成長してきました。
 

コース横の壁も徐々に成長してきています。

峰の原

下部は何とか滑れそうですがアクセスする上部が
まだまだ積雪が足りないです。

樹海コース 全景


 レストラン樹海上コース

上部は少しブッシュが出ているところがありますが
それ以外はしっかりと雪が積もっており新雪滑走が楽しめます!

コース下部はブーツが埋まるほどの積雪となっています。

ユリワリ

昨日の風にたたかれて以前より少し硬めになりました。
その分、少し滑りやすくなりました。
ただまだまだ、難易度は高いです。
 
 ユリワリ下部

下部コースには深い雪が積もっており斜度が無いので細めの板だと難易度が高いです。

今晩も雪予報が出ており今週末は好条件で楽しめそうです!!!

オッキー


2019年1月22日火曜日

今週末のSPと今月末のキャンプ

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

FSSがベースとしている野麦峠スキー場に今日の午前中まで
待望のまとまった積雪がありました!

既オープンコースは今回の積雪で非常に柔らかくなりました。
明日も圧雪が入った後は非常に良いコンディションが期待されます。

今週末に向けてまだ積雪予報もあり次の週末は
非常に良いコンディションが期待できそうです!

そのように好条件が期待される今週末は
 
土曜日に 

横滑りで実現!!まぁるいターン弧小回り、こぶ斜面滑走、1級検定など横滑りが必要とされる
条件はある程度高いレベルでも非常に多いです。
切れる滑りだけでなく、コントロールされズラす滑りを
このレッスンで習得してみませんか?

1月26日 横滑りで実現!!まぁるいターン弧
の申し込みはこちらから↓
http://fs.jpski.com/regists/sp_regist/48-1548428400

日曜日に

シチュエーションに合わせて滑ろう!!スキーの楽しみは整地だけではありません。
コース脇の未圧雪、アイスバーン、午後になって荒れた斜面など
も快適に滑れるようになればスキーの楽しさはさらに広がります!
このレッスンであなたのスキーの楽しみ方を広げてみませんか?

1月27日 シチュエーションに合わせて滑ろう!!
 の申し込みはこちらから↓
http://fs.jpski.com/regists/sp_regist/125-1548514800


また今月末の1月29日から31日までは

平日のんびりキャンプ by オッキーが開催されます!
平日の空いている野麦峠スキーでいろいろなスキーの楽しみ方をお伝えします!
初日はお昼開始で最終日はお昼で終わりと遠方の方も
 
参加しやすいスケジュールとなっています。

平日のんびりキャンプ の申し込みはこちらから↓
http://fs.jpski.com/regists/camp_regist/132

お問合せやご質問などあれば遠慮なく

info-nomugi@fs.jpski.com

までお寄せください!



オッキー


2019年1月21日月曜日

先週のレッスン

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

今日は先週末のレッスンを振り返ってみたいと思います。

3連休最後の月曜日から昨日までの1週間
13レッスン23名の方に受講いただきました。

なかなか雪が降らずに限定オープンにも関わらず
多くの方に受講していただきありがとうございました!

その中で写真をとらせていただいた
4組の方の写真を紹介します!






こんばんから来週にかけては雪予報の日が多くなっており
来週末にかけて良いゲレンデコンディションになりそうです。

皆さんの来場をお待ちしています!

オッキー


2019年1月18日金曜日

今週末のお天気

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

今日は久しぶりに野麦を抜け出して
他のスキー場で1日を過ごしてきました。

スキー場が変わることで雪質も変わり
微妙な操作の調整も必要だと感じた1日でした。

明日からは私もまたホームゲレンデの野麦に戻り
今日行ったスキー場との違いを感じながら滑ります。

ただホームでも天気によってはゲレンデの
様子は様々に変わります。

そこで今週末の以降の天気についていくつかのサイトを見ていきたいと思います。

Snow Forecast
(ベース、中間、トップそれぞれの風向き、温度、雪or雨の情報あり)
https://www.snow-forecast.com/resorts/ShinshuNomugitoge/6day/bot

土曜日夜から水曜日まで断続的に降雪予報が出ています。
日曜は少し気温が高めですがベースでもなんとか雪になってくれそうです。

標高約1500mの予報
(標高1500mの風向き、温度、湿度の情報:米国サイト)
http://wxmaps.org/pix/ea.850

火曜日辺りまで西寄り(スキー場正面から)の風で日曜日から
徐々に気温が下がってきそうです。


ここまで、なかなか雪が降らず困っていましたが
日曜日からは数日間降り続けてくれそうで
期待できそうですね!

オッキー


2019年1月17日木曜日

野麦の現在のコンディション

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

FSSのレッスンの受講を考えている方から
良くゲレンデ状況はどうですか?

とのお問い合わせがあります。

という事で今回は現在のゲレンデの様子をお届けします。
 ファミリーゲレンデ

繋げられるか圧雪しながら様子を見ている状態でした。
 頂上温度計

午後3時過ぎの時点で-10℃としっかりと冷えていました。
 ラビットコース
 午前は非常に良い条件でしたが本日は滑走者が多く
午後からは荒れて、ところどころにアイスバーンが現れてきました。

樹海コース
自己責任での滑走という事もあり入る人があまりいませんでした。
しかし先日の降雪以降、圧雪が入っていないため
新雪滑走が楽しめる穴場的なコースでした。
ただまだブッシュなどがあるの要注意です。

エキスパートコース(未オープン)
まだまだブッシュが見えており
オープンはもう少し先になりそうです。

チャンピオンコース
こちらもラビットと同様に午前は最高のコンディションでした。
午後からは滑走者が多かったために
雪が削られてベースのアイスバーンがところどころに出てきました。

チャンピオン2(未オープン)
下部から見る限りではそろそろ行けそうですが
上部の積雪がまだ足りないようです。

パノラマコース
人口降雪がベースのゲレンデのため硬めですが
そのためそれほど大きくは荒れませんでした。
ただまだ積雪が少なく地形の影響が大きくあり
右下がりの強い斜面となっています。

立て水
 

火曜日の積雪のおかげで雪玉やアイスバーンは
かなり少なくなりました。

トレーニングバーン
午後になって多少は荒れましたが
比較的良い状態をキープしていました。

ユリワリ、峰の原はまだ雪不足で未オープンです。

今晩も少し降雪があるようなので明日の午前中も
オープンしているコースについては今日と同じように
良いコンディションで滑れると思います!

オッキー

2019年1月16日水曜日

スキーの手入れ

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

今シーズンは全般的に雪が少ないところが多いですが
皆さんのホームゲレンデはいかがですか?
 
私たちFSSが拠点としている野麦峠スキー場も
この全般的な傾向と同じく雪が少ないシーズンとなっています。
 
しかし、雪がすくなくても野麦は標高が高いお陰で
人工雪でメインとなるコースはしっかりとした雪がついています。

スキー板を石などで気を付ける心配はほぼないのですが
ほぼ人工雪で作られてゲレンデなのでお客さんが多いなればなるほど
ゲレンデはアイスバーンとなっていきます。
 
私たちのレッスンではズレを主体としたレッスンをしています。
 
そのせいか、エッジが緩くなっていても問題ない!

さらにはエッジは丸くなっているほうがずらしやすいとの
声が時折聞こえてきます。
 
しかし、これは全くの勘違いです!!!

ズレに乗って滑るといってもある程度のエッジは立っています。

このエッジが丸まっているとアイスバーンでのずれのコントロールは
非常に難しいものになります。

そして、硬い斜面を5日も滑ればエッジは確実に丸まってきます。

今年の様な雪不足の時はどのスキー場も人工雪の比率が高く
簡単にアイスバーンになります。

そのようなコンディションで快適に滑るために必要なよう要素として
技術もありますがエッジの手入れはとっても大切です!

また、ワックスも5日も滑走すると徐々に滑りが悪くなってきます。

滑らないスキーでは横滑りも難しくなります。
 
エッジとワックスのお手入れは出来るだけこまめにしてあげてください。
 
とはいえ、道具のメンテナンスにかける時間がない方も多くいると思います。
そんな方のために、この様なサービスも用意しています。
 


興味ある方は遠慮なくお問い合わせください!

オッキー

2019年1月15日火曜日

今週末のスペシャルレッスンなど!

皆さん、こんばんは!

オッキーです!

成人式の3連休も終わり年末年始から続いた忙しさから
スキー場関係者は一息付ける時期に入りました。

しかしFSSはこの期間の平日もしっかりとご予約をいただき
忙しく過ごさせてもらっています。

ありがとうございます。

今回は今週末のスペシャルレッスンと今月末のキャンプについて
皆さんにお知らせします。

今週末のスペシャルレッスンは
こぶ ステージ1
こぶ ステージ2

を予定していましたが

1月19日(土) シチュエーションに合わせて滑ろう!
http://fs.jpski.com/lessons/spdetail/125

1月15日夕方、現在雪が降り続いています。
今週末にどんな状況になるかまだ分かりませんが
新雪?こぶ?アイスバーン?様々な条件に
対応した滑り方をお伝えします!


1月20日(日) こぶ ステージ0
http://fs.jpski.com/lessons/spdetail/20

こぶ斜面が無くても整地で練習できることはたくさんあります。
まだこぶ斜面に不安がある方に整地で練習できる
こぶ斜面の滑走方法をお伝えします!
 
に変更させていただきます。

今シーズンは少し降雪が遅れており
そのためまだ、こぶ斜面が滑れないための変更です。

また1月29日から31日に開催予定の
平日のんびりキャンプ
http://fs.jpski.com/lessons/campdetail/132

野麦の滑りごたえがある斜面を平日の空いている条件で
FSをお伝えします!
貸し切りに近い条件で思いっきり楽しみましょう!

ですが催行が決定しています。

どちらもHPからは現在(1/15 夕)申込できない状況になっております。

申し込みを検討されている方は

info-nomugi@fs.jpski.com

まで連絡をお願いします。

皆様には不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

現在の野麦は限定されたコースでのオープンですが
オープンしているコースのコンディションは非常に良いです!

シーズン前半のこの時期にこれらのレッスンで
ワンランク上の滑りを目指してください!



オッキー


雪の力で小回り

フィーリングスキースクールの望月です。

今日はTさんのプライベートレッスンでした。一級合格を目標にフィーリングスキーのレッスンも何度か受講していただいています。

小回りの強化をご希望なのですが、滑りを見せていただいたときに、丁寧に滑っていらっしゃるのですが、滑走スピードが少し遅いのが気になりました。

その事を伺ってみると、しっかりとスピードコントロールをしないといけないので、スピードを抑えて滑っているということでした。

確かに暴走するのはダメなのですが、かなり無理をしてスピードを抑えていると感じたました。スピードを抑え過ぎると、スキーの動きをうまく引き出すことができなくなってしまうのです。

そこで少しスピードアップして滑っていただきました。オレンジを外足にしっかりと意識して斜面移動します。スピードが上がりますが、雪の抵抗をもらってオレンジがつぶれるとスキーが切れ上がりスピードがコントロールされます。

そしてオレンジが戻るときには、角付けを徐々に緩めスキーを進めてくれるのですが、この時にターンしてきた側のスキーから次の外足になるスキーへのバトンタッチが行われます。

こういう練習をしているとスピードもコントロールされながら、雪の力でスキーが無理なくターン出来るようになってきました。基本的な動きが良くなってきたので、小回りの動きの練習を始めました。

小回りは大回りに比べて、斜面移動~オレンジの潰れ~解放というテンポが早くなります。そのためどうしてもスキーを回さなければならないという意識が強くなってしまいますが、基本の動きが洗練されてスムーズに連続すると、オレンジが早め早めにターンを導いてくれるので、結果的に小回りができてしまうのです。

そこで、まず素早いエッジングが出来るように、ギルランデ(片方向だけのターン)やターン中に二回エッジングをするという練習をしました。一般的に良くやられている練習なのですが、実は気をつけないといけないことがあります。

どうしても角付けによって、スキーのズレを止めようとしてしまう動きが出てしまうのです。ズレが止まるとスキーは直線的に前方に走りターンを止めてしまいます。それが連続すると、スキーが走る、止めるという動きだけになってしまい丸い円を描くことができず、スピードコントロールが難しくなってしまいます。

ズレを止めずにスキーが斜面移動をし続けることによって、スキーはたわみ続け、最後まで円弧を描いてくれます。

少しずつTさんの滑りも素早い操作が出来るようになってきて、雪に回してもらう小回りになってきました。Tさんご自身も「大回りも小回りも滑り方は同じ、雪の力で自然にスキーが回る」という感想を話してくれました。

この調子で慣れて動きがさらに洗練されれば、1級合格もそんな遠い話ではないと思います。Tさん、どうもありがとうございました。

2019年1月13日日曜日

福岡からの生徒さん

皆さまこんばんは!
ともぞーです

冬晴れの中、今日は初レッスンでした
毎年なんと福岡からお越しのNちゃんのレッスンを担当いたしました

4年前以来の受講で、すっかりお姉ちゃんになってました

さて、レッスンはバーン状況のよいトレーニングバーンでおさらいからスタート

スキーは1年に1度ということですが、カラダがスキーを覚えていて
最初から上手に滑っていました

オレンジを足裏にイメージする感覚を、少しずつ思い出しながら
何本かドリル練習した後、オレンジがしっかり潰される意識をもってもらったら
斜度のあるところでも安定してゆっくりコントロールできるようになりました!

しかも、とても美しい円弧を描いて、楽ちんそうでした

ノンストップ滑走では、どんどんスピードアップしてびっくりしました!

来年は、ゲレンデ状況がよければ、是非頂上から滑ってみましょう~
Nちゃん、どうもありがとうございました!



スキーの上手さって何だろう?

フィーリングスキースクールの望月です。

本日(1月12日)は関西よりお越しのTさん親子と息子さんの友達二人の計四人のプライベートレッスン担当でした。去年、一昨年もレッスンを担当しており、3年連続でのレッスンになりました。

一人2シーズンぶりの子もいましたので、まず、オレンジの復習から入りました。土踏まずにイメージしたオレンジを常にその位置でキープして、外さないことだけを意識しての滑りです。これにより、支点が安定しますので、前後のバランスが良くなりますし、スキーが安定して動いてくれるようになります。

次に斜滑降や横滑りを使って、オレンジを同じフォールライン方向でも角度を変えて転がし、雪からの抵抗を受ける練習です。斜面移動をしながらスキーが雪の抵抗を受け続けることで、スキーがたわみ、ターンが切れ上がることを感じられるようにトレーニングしていきます。

いきなりきれいにスキーが動いてくれる、というのは難しいですが、それでもみんなのスキーが私の意図したような動きをしてくれるようになってきました。

スキーが切れ上がることができれば、斜面を落下してスピードが出たら、ターン後半で孤を切り上げてスピードコントロールすることができます。これにより最初に比べてみんなの滑走スピードが上がりだしました。

午前中の最後はターンからターンの切り替えで、外足のオレンジが弾んで次の外足に移っていくというイメージを使うと、ターンのつなぎが良くなりスムーズなターンにつながります。この感覚をつかんだところで午前中が終了。

午後のレッスンが始まるところで、お父さんからコブの滑り方の質問がありましたが、今日の野麦にはコブ斜面はありませんので、コブはまずポジションをシビアにキープすることが最も重要ということをお話して、コブを滑る場所の説明などをさせてもらいました。

そのついでに、レッスンの初めにフリースタイル的な滑りを何種類かしてもらい、スキーを自由自在に動かせるためには、たまには遊びでこんな練習をしてみると良いよという紹介でした。

午後のレッスンで重点を置いたのは、抵抗を受けてつぶれたオレンジを斜めの直滑降をつかってゆっくりと解放することで推進力が生まれ、その力を使って切り替えが出来るということです。みんなそれほど速く滑っているわけではないので、受ける抵抗も比較的小さく、つぶれたオレンジが戻る力も弱いので、かなり繊細に意識を集中しないと出来ないことです。

午後のレッスンだけで完璧にとはいきませんでしたが、その片鱗を感じることは出来たようです。

そして開通したばかりでコース幅もの狭い、パノラマ~立て水の坂を下りて下山しましたが、途中アイスバーンもあった中、バランスを崩すこともなく、無事に降りてくることが出来ました。

元々、以前からここは滑って降りられた場所ですが、今日は斜面も固いし雪の塊がすこしゴロゴロとしているいつもより難しい状況でした。

滑走スピードが上がって難しい斜面をきちんとスピードコントロールして降りて来られる、そこに、いわゆる基礎スキー的な洗練された美しいフォームというものは無いので、パッと見ではわからないスキーの上手さが彼らにはありました。しかも、変に難しいことを考えずにスキーを本当に楽しむことが出来る。

スキー教師としての立場では、私自身の滑りが傍から見てもわかるような美しいものになっていないといけない、という側面がどうしてもあるのですが、彼らのレッスンを担当させてもらって、本当に重要なのはそこでは無いということを改めて思い、改めていかにスキーの楽しさを伝えられるかを考える機会になり、本当に感謝しています。

Tさんファミリーとお友達のみなさん、ありがとうございました。次回も機会がありましたら一緒に滑りましょう。

2019年1月11日金曜日

上下コース開通!!!

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

私たちがベースとしている野麦峠スキー場が
本日ついに上下コースが開通しました!!!

パノラマ

 立て水


ほぼ人口降雪のみ&まだ圧雪回数が少ないので
ゴロゴロやうねりがところどころありますが…( ̄▽ ̄;)

しかし頂上からでも滑り降りてこれるのはとっても快適!(^^)v

ただ立て水はゴロゴロ&うねりに加えて
コース幅も少し狭くなっています。

また、この開通で平日もトレーニングバーンが滑れるようになりました!

そのため、残念ながら上級者限定となっています。

入口が緩斜面なのでついつい入っていっちゃう人もいますが…

 さの先にはこんな急斜面が待ち構えています。(;'∀')

上部コースはこっそりと樹海コースもオープンしています。


コース途中からの北アルプスの展望もばっちり!

 峰の原は残念ながらまだまだ雪不足…(;´д`)

ユリワリも残念ながらまだ少しかかりそう…

また新たなコースオープンがあり次第
皆さんお知らせしますね!

by オッキー