2019年1月3日木曜日

スーパー小学生登場

フィーリングスキースクールの望月です。
多いところで20cm程度ですが、ようやく野麦にも雪が降り、1月2日はちょっとした新雪も楽しむことができました。


そんな中でレッスンを担当したのは、小学生3年生のHちゃんという女の子です。
毎年お正月だけファミリーで遊びに来て数日滑り、レッスンに入ってくれています。

私は前回二年前にレッスンを担当しましたが、それが彼女にとってもフィーリングスキー初体験でした。
一年ぶりのスキーということで、最初の一本目だけバンビゲレンデでオレンジの復習をしたのですが、全く問題無し。元々スキー場の上から下まで降りて来られるので、トレバンに移ってレッスン開始です。

彼女にとって初体験の「引くターン」から始めました。最初は慣れていないので苦労しましたが、リフト2本くらいでものにしたと思ったら、カービングターンで滑り出してしまいました。滑走スピードの速いこと速いこと。

思えば2年前にはかかと支点ができていたので不思議はないのですが、さすがにターン弧のコントロールはまだ難しく危険があるので、逆にスキッディングターンの練習を始めました。

しかし、一旦エッジでしっかりグリップさせることを覚えてしまったので、オレンジをターンの外側に転がしてと言ってもなかなかスキーがズレてくれません。

強制的に横滑りをしてもらって、ようやくズレに乗ることが出来るようになってきたので、いろんな場所を滑ってターンを洗練していきました。

結果、アイスバーンでもズレに乗り楽に落下し、チャピオン端の吹き溜まりを私と一緒に小回りで滑り降りられるようになってしまいました。

今年初めてのスキーで、通算でもスキー経験十数日なのにこの上達振り。
いくら教師が良いといっても(笑)、この成長ぶりは凄い。

私もこんな風に速くうまくなりたいというのが正直な感想ですが、何よりも大人から無理にやらさせた練習でなく、本人が楽しんで滑ってくれているのがすばらしいです。

Hちゃん、ありがとうございました。また来年一緒に滑りましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿