2019年1月9日水曜日

オニャンコターン

しろくまです。

さて既に12月22日からスタートしまして、多くのレッスンをさせて頂いています。

内容としましては、オレンジターンの応用発展としてオニャンコターンをメインに展開しています。

では説明になりますが…、

1、まず山回りでオレンジを転がすこと。(ゴロゴロと感じ取る)

このとき足裏オレンジの位置、転がす方向、転がす時間、転がす長さによってスキーの移動の質が多彩な動きを示してくれますが、ここでは素敵な圧を蓄えることがポイントです。


2、切換で「ニャ」とオレンジをバトンタッチさせる。

素敵な圧を活用して外足から新しい外足のオレンジへと乗り換えていきます。そして谷回りのスタートへと発展していきます。


3、谷回りで「オーン」と叫びながらスキーが解き放たれ浮遊し落下。

厳密には「オーン」の「オー」のところ。スキーが真下を向くまで。


4、重心から離れたスキーは、新しい山回りへと発展して、重心方向へ戻ってくる。

「オーン」の「-ン」のところ。そして新しいゴロゴロを感じ取る。


とまあ、あとは繰り返しとなります。繋げると「ゴロゴロ~ニャオ~ン♪」と歌うフィーリングです。特に課題なのは、3、4、で落下できずにスキーを急激にスイングしてしまう方が多いことですね。3、4のスペース移動は、勇気の要るところでもあるんですが、その源泉は、1、2、のオレンジ愛なのです。そうなんです。愛と勇気で「ニャオ~ン」と解き放つのです。

愛と勇気のオニャンコターンで新しいスキーの世界を開拓させましょう!!

0 件のコメント:

コメントを投稿