2019年3月26日火曜日

3月23、24日の報告

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

先週末は野麦峠スキー場の最終営業土日でした。
 
当クールの傾向として
シーズン前半に忙しくなり
後半になるにつれて少しのんびりしてきます。
 
しかし、先週末は多くのお客さんにご受講いただきました!

また、多くの方からシーズン最後の
挨拶に来ていただきました!

皆さん、ありがとうございました!
本当はご挨拶いただいた皆さん
全員の方をご紹介したいのですが
 
写真をとらせていただいた皆さんを中心にご紹介します!

土曜日

Nさん

待望のともぞーのレッスン受講!
久しぶりの再会を楽しんでいただけましたか?

日曜日
 
Sさん

出勤数が少ないNishiのレッスンをゲットされたSさん。
シーズン最後に良い感覚をつかんでいただけましたか?
 Sご夫妻

昨年の夏にNZでオッキーがご一緒させていただいた
縁でレッスン受講いただきました!
スキーが走る感覚を楽しんでいただけましたね!

Tさん

今シーズンから当スクールの常連になられて
滑りもかなり良い感じになりましたね!
まだまだ春のシーズンも楽しんでください!

他にも硬いコブの中での
スペシャルレッスン こぶステージ3
ではY親子の華麗なこぶトレインも披露していただきました!

今シーズンはこれで最期となる方も多いと思いますが
皆さんご受講ありがとうございました!

また来シーズン以降もよろしくお願いいたします!

オッキー


2019年3月22日金曜日

3月22日のゲレンデ状況

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

明日からついに今シーズンの野麦峠スキー場の最終営業土日となります。
 
3月の頭には雪不足のため3月中旬で下のコースは
閉鎖になるんじゃないかと不安になりましたが
3月11日の大雪のおかげで何とか最後まで
ほとんどのコースをオープンしたままで終了できそうです!

そして気になるゲレンデ状況ですが
昨日の雨によりかなり雪が溶けましたが
それでもまだまだすべてのコースは滑走可能です!

 
本日は朝から頂上でもプラス気温と
かなり暖かったです。
しかし頂上は最高でも2-3℃だったお陰で
圧雪コースはストップスノーにまではならず
比較的快適な春雪を楽しめました。
 
ラビットコース
午前中は柔らかめの雪でしたが止まったり
大きく引っかかることも無く快適な春スキーとなりました。
ただ営業終了間際は荒れた状態で
少し硬くなりだしちょっと滑りにくさが出てきました。
 
チャンピオン

さすが上部コースだけあり昨日の雨を
あまり感じさせないコンディションでした。
雪質はラビットと同様で比較的良いコンディションでした。
営業終了間際はゲレンデ表面が少し荒れましたが
ベースが掘れることなくフラットのままでした。
 
エキスパート
春雪のおかげでそれほどスピードがです
あまり斜度を感じませんでした。
ゲレンデの荒れ方はラビットやチャンピオンと同様です。
 
チャンピオン2
お昼くらいまでは他のコースと同様のコンディションでしたが
午後遅くなると他のコースより早めに
雪が硬くなりだし他の圧雪コースと比べると
少し難易度が高くなっていました。
 
樹海コース
午前中は御岳山が雲の上に顔を出しており
奇麗な景色の中滑る事が出来ました。
コースの端は少し圧雪が弱いこところがあり
コース中央の滑走がお勧めです。
 
峰の原
現在、ユリワリ側からのショートカットコースは閉鎖しています。
ユリワリ側から少し登るか、樹海側からのエントリーとなります。
雪質は昨日の雨の影響が残る湿雪で
スキーが引っかかりやすくある程度のスピードが
ないとターンしにくい条件で少し難しめでした。
 
レストラン樹海上
昨日の雨の影響が残るコンディションでしたが
ベースが圧雪されているので峰の原よりは滑りやすかったです。
ただ、こちらも湿雪で少し滑走性が悪い雪でした。
 
ユリワリ
 
上から見下ろし
 
中腹から上
中腹のコブの底に一部ブッシュが出ているところがありますが
それ以外はしっかりと雪がついており
コブもそれなりの深さを保っています。
雪質は昨日の雨の影響でスキーがズレにくい雪のため
リカバリーがしにくく
柔らかい雪の割には難しめのコンディションでした。
 
パノラマ
午前は上部コースとそれほど大差ないコンディションでした。
午後からは気温のせいか少し緩み方が早かったです。
そのため午後も荒れ方が上部コースよりは大きかったです。
 
立て水
こちらもパノラマと同様のコンディションでした。
コース脇の雪が溶けてしまったので見た目が
悪くなりましたがリフト側の圧雪部分は問題なく滑れます。
う回路は雪不足のため閉鎖となりました。
 
トレーニングバーン

一番下のコースのため午後の後半は最後の緩斜面で
ストップスノーになってしまいました。
ただ多くの方が上部で滑っていたためか
荒れ方はそれほどでもありませんでした。

 
ファミリーコース
コース脇で一部雪がなくなりましたが
まだ問題なく滑る事が出来ます。
こちらも午後はストップスノーとなりました。
 
明日、明後日のお天気

土曜日:曇り
 
日曜日:晴れ
今晩から冷え込み始めて
今日の柔らかめのゲレンデが締まってきそうです。
 
このため圧雪ゲレンデは硬めの野麦らしいバーンなりそうです。
 
ただ非圧雪コースは今日の荒れた状況のまま硬くなりそうで
少し難易度が高いコンディションになりそうです。
 
月曜日以降も大きく気温が上がることも無く
曇りや晴れ予報となっています。
ただ最終営業日の水曜日には少し雨か雪がちらつくかもしれません。
 
 

 最終営業土日も3月の割には比較的良いコンディションで
皆さんをお迎えできそうです!

FSS オッキー

2019年3月20日水曜日

別の次元

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

シーズンも終盤に入りました。

スキーは季節もののレジャーなので1年の中に
始まりと終わりがあるのも一つの特徴ですね。
 
中にはシーズンインの時に目標を立てる方も
いらっしゃると思います。
また目標を立てないまでも漠然とこんな風に
滑れるようになりたいなというゴールを持っている方もいると思います。
 
私も今シーズンはある目標をもってスキー技術の
見直しをすすめてきました。

その中で気づいたことなのですが
ある段階を一段上がるときって
その上の段が見えていないことが多いのだなと。

例えば自分でスキーを回さないようにして
スキーに回って来てもらう操作をしよう!
 
とすごく意識して滑っていてもビデオで
確認するとスキーを回していたり…(-_-;)

特にスキー経験が長い人ほどこの傾向があるように思います。

そんな中、ビデオ撮影やスタッフからのアドバイスなどで
今シーズン、何段かステップを越えることができました。

そして上の段に上がってから以前の滑りを振り返ると
自分でスキーを回していたのがすごっく良く分かるんですよね。

何か2次元の世界にいる人は3次元の世界が全く分からなくて
3次元の世界にいる人は4次元の世界を全くイメージできないような
感じとえばよいのでしょうか…( ̄▽ ̄;)

この感覚でいえば、私たちスキーインストラクターって
生徒さんを今いる世界から別の次元に連れて行って
あげるのが一つの目標なのかなとも思いました。

そのためには私たちは出来るだけ高い次元の
世界にいてその世界の楽しさを
しっかりイメージできるような伝え方をする必要があるのかなと
思う今日この頃です…

今日も別世界への入り口を探しに
ゲレンデに行ってきまーす!(^o^)丿


オッキー


2019年3月15日金曜日

2019年3月15日のゲレンデ状況と天気予報

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

今週は3月も中盤というのに真冬の様な雪が降り
トップシーズンのコンディションとなりました。

明日からの週末に向けて本日の
ゲレンデ状況をお知らせします。
 
注)写真は昨日、14日の物です。

ファミリー

今日はお昼過ぎに少し緩みましたが
その14時位からは冷え込みだしまた締まってきました。

トレーニングバーン
写真はありませんが、圧雪をかける時間帯の違いで
ファミリーよりも硬めのコンディションとなっています。
 立て水

この付近から上はまったく緩むこともなく
終日、良いコンディションのままでした。
写真左側の未圧雪ゾーンは表面は軽い新雪が乗っていますが
その下にはクラストの層があり細めのスキーだと
この層が割れそうで注意が必要です。
立て水の迂回コースは圧雪が入り
問題なく利用できるようになりました。

パノラマ

非常に快適なバーンです。
写真右側の丸山もしっかりと雪がついています。
ただ新雪の下にクラストの層があり
難易度は高めです。

ラビット

普段ならすぐに荒れてしまう斜面ですが
今日はお客さんがそれほど多くなかったこともあり
最後まで荒れず、非常に快適なままでした。
頂上の気温は日差しがあるにもかかわらず
 
-4℃付近で雪質も良いままでした。

エキスパート

エキスパートらしからぬグリップする
勘違いバーンでした。

チャンピオン、チャンピオン2

どちらのコースも非常に快適で最後まで荒れることなく
非常に良い状態で滑る事が出来ました。
峰の原



今シーズンで一番の積雪となっています。
雪質は下にクラストの層がありその上に
風で立たれて締まった新雪が乗っています。
太めの板なら比較的問題なく滑ると思いますが
細めの板は少し苦労すると思います。 

レストラン樹海上

圧雪が入り比較的滑りやすくなりました。
圧雪後に積もった雪は風の影響で締まっており
少し板がとられやすいです。

ユリワリ



こぶはすべて雪で埋まってしまっています。
上部のクラストはあらかた割られていますが
その割られた塊が点在しており少しテクニカルです。
下部のラインこぶは積雪のためまっすぐにしか
滑る事ができず縦目のラインがうっすらとついている程度です。
全般的な雪質として今週末に多くの方が滑ればすぐに
新しいこぶが出来そうなコンディションです。
 今週末の天気
土曜日

今晩から雪が降り出し明日も降り続けそうです。

また風もそれほど吹かないので飛ばされることなく
ゲレンデに落ち着きそうです。
ただし降雪の量はそれほどでもなく
ゲレンデ表面を軽く覆ってくれる程度と思われます。
 
ただ気温が低いので非常に良い雪が降ってくれそうで
わずかの積雪でも滑走感覚はかなり良いものになると思われます。


日曜日

土曜日と同じく風もそれほど強くない中で
うっすらと積もる程度の雪が降りそうです。

土曜日よりは気温も下がりそうですが
土曜日と比べて大きく冷え込むことも無いと思います。

月曜日以降

月曜日以降は少し気温が上がりますが
雪が大きくゆることも無く晴れや曇りで
比較的、快適に滑れる日になると思います。

ただし水曜日から気温が上がりだし
21日(祝)の木曜日は雨予報となっています。

その後に、寒気が入ってきますが
現在のゲレンデコンディションは20日までとなり
21日以降は大きく変わってしまうと思われます。

参考サイト

Snow Forecast
https://www.snow-forecast.com/resorts/ShinshuNomugitoge/6day/mid

標高1500mの気温と風向きなど 米国サイト
http://wxmaps.org/pix/ea.850

現在のコンディションと天気予報からすると
今週末が狙い目となりそうですね!

今週末の参考にしてください!

オッキー
 
 


2019年3月12日火曜日

9年

皆さん、こんばんは
 
オッキーです。

今日で9回目の3月12日となりました。

今日はFeeling Ski School スタッフにとって
とても重要な日です。

Feeling Ski の創始者である
佐々木 ”TOK" 徳雄
http://olss.jpski.com/

が今から9年前に私たちスタッフに
FSSのバトンを託した日です。

TOK先生の経歴や経験を考えると当時でも非常に
重たいバトンだと思っていましたが
年月が過ぎるにつれその重さは軽くなるどころか
より重くなってきているように感じています。

その9年の間にいろいろなことがありました。

今考えると恥ずかしいような事もたくさんあります。
 
また、FSSを継続するのはもう難しいかなと
思う事も何度もありました。

しかし、そのたびに何か不思議な出会いや
きっかけが目の前に現れたように感じています。

そのたびに毎回

”オッキー、まだまだ行けるよ!”
 
と、TOK先生から言われているような気がしました。

また、それに合わせて毎回
プレゼントも送られているような気もしました。

私がこのスクールに参加すると決めた時
今の様な状況になるとは想像もしていませんでした。

まさか、そのスクールを取りまとめるような立場に
なるとは思っていませんでした。

まさか、海外でスキーインストラクターのライセンスを
取得できると思っていませんでした。

まさか、海外でスキー関連の仕事を出来るように
なるとは思っていませんでした。

まさか、こんなに多くの方に毎シーズンレッスンを
受講してもらえるようになるとは思っていませんでした。

全てTOK先生からの
ご褒美なのかなと思っています。

今日は先生と久しぶりに飲みながらそんな話をしてきました。


でも、やっぱり最後は
 
”まだまだだな、オッキー!”

と言われた気がします。(^^;)

来年、先生と話をするときには

”オッキー、やれば出来るじゃん!”

と言ってもらえるように頑張ろうっと!

オッキー

2019年3月12日のゲレンデ状況

みなさん、こんにちは!

オッキーです!
 
昨日の3月11日は大雪の影響でスキー場付近が
停電となりスキー場の営業が中止となりました。
 
降った雪はとても湿度が高く
積もった木々を倒してしまうほどの雪質でした。
 
その倒木のためにスキー場付近で
停電が散発したようです。

で、このような湿雪はたくさん積もっても
なかなかスキーが回ってくれずに
楽しさよりも難しさが大きくなることが多いです。

せっかくたくさん雪が降ったのに…
と思った方が多いと思いますが
このような状況から翌日以降のが
楽しめることが多いです!

で、本日ですが圧雪コースはトップシーズン並みの
カミカミバーン!

ただ湿度が高かったので午後からはゲレンデが荒れて
スキーがズレにくくなり少し難易度がアップ。

そしてオフピステですが
今シーズン初めて峰の原のブッシュが全部消えました!

全体的にはクラスト気味の雪質ですが
斜度があるところは何とか砕くことができ
ターン可能なコンディションです!
 
ただ緩斜面はクラストに足元をとられて
なかなかのハードコンディションでした。

天候は午前は晴れで午後からは雪




頂上の気温は終日-5℃付近

チャンピオン、チャンピオン2

チャンピオン
午前中は本当に良い雪でトップシーズン並でした
午後からも滑走者それほど多くないので
大きく荒れることも無く比較的快適なままでした。

チャンピオン2 上部
圧雪した痕跡はあるのですが
恐ろしくガタガタの斜面でした。
湿雪の場合、オペレーターの技術では
どうしようもないときがあるのが良く分かりました。


チャンピオン2  下部
下部は全く問題なく気持ちよく滑れる斜面でした。 

ラビット

典型的なカミカミバーン!
しかし午後からは少し荒れだして
ギャップやうねりが気になり始めました。
樹海コース

コースのブッシュはほとんど埋まりました。
ただこのコースも湿雪のせいで
圧雪の段差がところどころありました。
エキスパート

普段のカッチカッチのコンディションからすると
全く逆の柔らかくて引っかかりすぎなくらいの雪質でした。
峰の原:滑走禁止

滑走禁止ですが明日以降のオープンを見据えて
視察のため滑走してきました。






上部コースはクラストの表面が薄いのと
斜度があるおかげでそれほど滑りにくくはありませんでした。


ただ中腹から斜度が緩くなるところでは
写真の様にクラストが厚くなりだし
ターンするのも一苦労な雪質となりました。

ユリワリ
40㎝以上の降雪のため下部のラインコブは
ほぼ消えてしましました。
しかも積もっている雪はクラストしており
数本ラインに入って掘り起こしたのですが非常に難易度が高かったです。
 

上部もコブはほぼ消えて明日以降の
滑走者によってまた育っていくと思います。
 

 
上部の斜度があるところはクラストがそれほど厚くなかったこともあり
多くの方がターンをしてくれてクラストが砕かれ
荒踏斜面になってくれていました。

パノラマ

圧雪コースは午後から少し荒れましたが
グリップする斜面でした。
立て水

北側の未圧雪コースはかなり難易度の高い
クラスト斜面となっており
度胸試しの人が数名入っていた程度でした。


圧雪されたところは柔らかめですが
しっかりとグリップする斜面でした。
ただ午後からは荒れ気味になりました。

ファミリー

 

レストラン樹海上


斜度があるので何とかクラストを割りながら滑れますが
難易度はかなり高いです。

圧雪コースの荒れ具合と湿雪による引っかかり気味の
雪質は明日以降、雪が落ち着くことと
毎日のコース整備により日に日に良くなっていくと思われます。

天気予報では今週末まで低気温が続くようで
週末に向けて本日よりさらに良い状態になっていきそうです!
 

 
シーズン終盤になりましたが
ゲレンデはトップシーズン並が続きそうです!

今シーズンの営業期間も残りわずかとなりましたが
最後まで満喫できそうですね!

オッキー