2019年3月12日火曜日

9年

皆さん、こんばんは
 
オッキーです。

今日で9回目の3月12日となりました。

今日はFeeling Ski School スタッフにとって
とても重要な日です。

Feeling Ski の創始者である
佐々木 ”TOK" 徳雄
http://olss.jpski.com/

が今から9年前に私たちスタッフに
FSSのバトンを託した日です。

TOK先生の経歴や経験を考えると当時でも非常に
重たいバトンだと思っていましたが
年月が過ぎるにつれその重さは軽くなるどころか
より重くなってきているように感じています。

その9年の間にいろいろなことがありました。

今考えると恥ずかしいような事もたくさんあります。
 
また、FSSを継続するのはもう難しいかなと
思う事も何度もありました。

しかし、そのたびに何か不思議な出会いや
きっかけが目の前に現れたように感じています。

そのたびに毎回

”オッキー、まだまだ行けるよ!”
 
と、TOK先生から言われているような気がしました。

また、それに合わせて毎回
プレゼントも送られているような気もしました。

私がこのスクールに参加すると決めた時
今の様な状況になるとは想像もしていませんでした。

まさか、そのスクールを取りまとめるような立場に
なるとは思っていませんでした。

まさか、海外でスキーインストラクターのライセンスを
取得できると思っていませんでした。

まさか、海外でスキー関連の仕事を出来るように
なるとは思っていませんでした。

まさか、こんなに多くの方に毎シーズンレッスンを
受講してもらえるようになるとは思っていませんでした。

全てTOK先生からの
ご褒美なのかなと思っています。

今日は先生と久しぶりに飲みながらそんな話をしてきました。


でも、やっぱり最後は
 
”まだまだだな、オッキー!”

と言われた気がします。(^^;)

来年、先生と話をするときには

”オッキー、やれば出来るじゃん!”

と言ってもらえるように頑張ろうっと!

オッキー

0 件のコメント:

コメントを投稿