2019年7月15日月曜日

来る圧に対応する

前回オレンジの中にピンポイントの支点を持ち、それをキープするということを書きましたが、実はキープするというのは、その時々のベストな位置を保つということなのですね。

以前にも書きましたが、ハイシーズンの雪と春雪とでは受ける抵抗に大きな差があります。抵抗の大きい中で滑ると、ターン中オレンジは、よりかかと寄りに移動します。

あくまでイメージですので、実際の足裏のオレンジの位置は、各々感じ取ってくださいね。

ここで大切なことなんですが、前面から来る圧を受けているのは全身ですので、上半身が後ろに持っていかれるような力が働きます。そうすると、ただ何気なく立っているだけだと、バランスが後ろになりすぎて、スキーのコントロールが難しくなります。いわゆる「後傾」という状態ですね。

そのため、スピードが上がってきて前面から来る圧も高まってくる時には、上半身もそれに備えてしっかりとした構えを取っておき、前後のバランスを崩さないように意識しておかないといけません。

オレンジの位置をキープするためには、ただ足元だけではなく全身でバランスを取るということを意識していただくと、ターン中に不安定になるというような感覚が改善されると思いますので、やってみてください。

2019年7月1日月曜日

オレンジの中にさらにピンポイントの支点

前回、足裏にオレンジを意識することにより、支点が定まり滑りが安定するというお話をしました。これに慣れてくると、さらにピンポイントに支点を維持できるようになります。

オレンジによって圧変化を感じようとするためには、ある程度の大きさのオレンジを意識する必要がありますね。ただし、支点としてはもっとピンポイント、あくまでイメージですが私自身は±1mmくらいに保つつもりで滑っています。

前回と同じ絵ですが、オレンジの真中にさらに黒い支点を書いておきました。


この絵を見てもらうとわかると思いますが、これだけ支点がピンポイントになると、ちょっとしたことが支点を崩す要因になります。

直滑降しているポジションでは良くても、上下動の中で頭が前後に動いてしまう、お尻が下がってしまう、腕が下がってしまう、あるいは片方の腕だけが後ろに引けてしまう等々です。

フィーリングスキーではフォームはそれほど大事で無いように思うのですが、支点をキープするという点では、滑走フォームが理にかなったものになっているというのは重要です。

これは自分で滑っているとなかなかわかりにくいことなので、もし、滑っていて支点が不安定になっていて、自分で試行錯誤してもどうもうまくいかない、ということがありましたらレッスンに入ってみてください。滑りを見ないとできないアドバイスというのが少なからずありますので。