2019年10月25日金曜日

NZのスキー場と日本のスキー場

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

先日はNZのスキー事情などについて簡単に紹介しました。

今回はNZのスキー場と日本のスキー場を比較してみたいと思います。

まず、一番大きな違いはスキー場に林がないという事です。

なのでコースがあまり明確でなく
圧雪されているところ以外はどこからどこまでが
どのコースなのかはっきりしないこともよくあります。


カドローナスキー場より

これは世界的に見るとコース内に林がある日本のほうが
少数派のようです。


野麦峠スキー場より

これは日本の特殊な地理的理由によるところが多いのですが
簡単に説明すると日本はNZと比較して降雨、降雪量が多いため
標高が高いところでも森林が育つためです。

それに対してQT近郊のスキー場は降雨、降雪量が少ないため
標高が高いところでは木々が育ちません。

また日本は大陸性気候の影響を受けた島国に対して
NZは海洋性気候の影響を強く受けており
気温が比較的安定し日本ほど気温が低くなりません。

そのため緯度が北海道北部と同じなのですが
標高500m付近ですらほとんど雪が積もりません。

そのためスキー場から見下ろす風景が真っ白になることはなく
木々の彩がありと日本とは違ったきれいな景色を見ながら滑ることができます。


トレブルコーンスキー場からの景色

そしてもう一つ大きく違う点は
リフト券やスクールのレッスン料金です。

Queenstown周辺のスキー場の1日リフト券の
平均的な価格は120-149 NZドルで
日本円にすると約8500円-10000円となります。

日本の平均的なリフト料金が4000-5000円とすると
約2倍の価格になりますね。

レッスン料金はレッスンプランがいろいろありますが
プライベートレッスンで比較してみると

100ドル+/hが平均的な値段です。

日本で一般的な1日プライベートレッスンと比較してみると。

NZ 100+ ×4h で450ドル程度
日本円に換算して約31500円

日本だと20000円-22000円の所が多いようで
約1.5倍になります。

このように日本と比べるとスキーはかなり
お金のかかるレジャーという位置づけになっています。

こうやって見てくると日本は雪も多くて
リフト券やレッスン料金も安く
スキーヤーやスノーボーダーに優しい国となりますね。(^-^)

皆さん、今シーズンはこの恵まれた環境をもっと満喫しませんか?



by オッキー

2019年10月16日水曜日

NZでの感想

皆さん、お久しぶりです!

オッキーです!

先日は大きな台風が日本を縦断しましたが
皆様のまわりは大丈夫でしたでしょうか?

被災された方には謹んでお見舞いを申し上げます。

私はここ数年夏の時期になると南半球の
New Zealandに滞在してスキーに関連した仕事をしています。

New Zealandに行ったことがない人も多いと思うので
現地でのスキー事情などを少し紹介したいと思います。

New Zealandは大きく分けて北島と南島の二つになります。

New Zealandの地図(クリック!)

私が滞在していたのは南島のQueenstownという街です。


2019年8月24日 Queenstown hillより
Queenstownの緯度は南北逆になりますが
日本の稚内とほぼ同じです。

南半球なので日本とは季節が反対になり
8月といえば日本の2月になります。

稚内の2月と聞くとこの写真のように全く雪がないのに
驚く方が多いかと思います。

ちなみにQueenstownの標高は300mほどです。

これはたまたま雪がなかったタイミングというわけではなく
街に積雪があるのは年に一度あるかないかなので
基本的には冬でもこの写真のような景色です。

そんなところでスキーができるのかというと
1000mほど標高を上げれば雪がついているところがあり
しっかりとスキーが楽しめます!



この写真はコロネットピークというスキー場のベースで
標高は約1200mです。

Queenstownから車で30分もかからず行けます。

滞在先には雪がなくてスキー場までは短時間で行ける
ある意味、理想的な環境かもしれませんね。

そして雪質はというと…

日本と比べると降雪量もそれほど多くなく
パウダーといっても膝上の新雪に遭遇することは非常にまれです。

そう考えると日本は本当に雪に恵まれていると思います!

そして現地のスキー場には多くのお客さんが遊びに来ています。
お客さんはNZ国内だけでなく隣国のオーストラリアや
アジア圏からも多くの方が来ています!

スキー場によっては平日でも何か所もリフト待ちができているほどです!

そんなスキーブームなので雪がたっぷりある日本のスキー場に
興味を持っている人がとても多く
日本に来たことがある人も非常に多いです!

ここ数年日本のスキー場に外国人が多いのもよく分かりますね。

とりあえず今回はNZの簡単なスキー事情の紹介でした。



by オッキー