2019年10月25日金曜日

NZのスキー場と日本のスキー場

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

先日はNZのスキー事情などについて簡単に紹介しました。

今回はNZのスキー場と日本のスキー場を比較してみたいと思います。

まず、一番大きな違いはスキー場に林がないという事です。

なのでコースがあまり明確でなく
圧雪されているところ以外はどこからどこまでが
どのコースなのかはっきりしないこともよくあります。


カドローナスキー場より

これは世界的に見るとコース内に林がある日本のほうが
少数派のようです。


野麦峠スキー場より

これは日本の特殊な地理的理由によるところが多いのですが
簡単に説明すると日本はNZと比較して降雨、降雪量が多いため
標高が高いところでも森林が育つためです。

それに対してQT近郊のスキー場は降雨、降雪量が少ないため
標高が高いところでは木々が育ちません。

また日本は大陸性気候の影響を受けた島国に対して
NZは海洋性気候の影響を強く受けており
気温が比較的安定し日本ほど気温が低くなりません。

そのため緯度が北海道北部と同じなのですが
標高500m付近ですらほとんど雪が積もりません。

そのためスキー場から見下ろす風景が真っ白になることはなく
木々の彩がありと日本とは違ったきれいな景色を見ながら滑ることができます。


トレブルコーンスキー場からの景色

そしてもう一つ大きく違う点は
リフト券やスクールのレッスン料金です。

Queenstown周辺のスキー場の1日リフト券の
平均的な価格は120-149 NZドルで
日本円にすると約8500円-10000円となります。

日本の平均的なリフト料金が4000-5000円とすると
約2倍の価格になりますね。

レッスン料金はレッスンプランがいろいろありますが
プライベートレッスンで比較してみると

100ドル+/hが平均的な値段です。

日本で一般的な1日プライベートレッスンと比較してみると。

NZ 100+ ×4h で450ドル程度
日本円に換算して約31500円

日本だと20000円-22000円の所が多いようで
約1.5倍になります。

このように日本と比べるとスキーはかなり
お金のかかるレジャーという位置づけになっています。

こうやって見てくると日本は雪も多くて
リフト券やレッスン料金も安く
スキーヤーやスノーボーダーに優しい国となりますね。(^-^)

皆さん、今シーズンはこの恵まれた環境をもっと満喫しませんか?



by オッキー

0 件のコメント:

コメントを投稿