2020年1月11日土曜日

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

今日は3連休の初日という事でスキー場も
スクールもいつもより賑やかな1日でした。

そんな賑やかな中で私も
おかげさまで3時間、3時間と合計6時間の
レッスンを担当させていただきました。

午前の3時間のレッスンでは定期的に受講していただいている
Tご夫妻のレッスンでした。

レッスン前はお二人とも前回のレッスンを
意識してとても丁寧な滑りを披露してくれました。

しかしレッスンがすすむにつれてお伝えしたことを
実践しようとするとぎくしゃくしてしまう時がありました。

私たちは普段の生活の中でも勝手に自分自身で
壁を作りその中で行動しがちです。

今回もお伝えした運動を今までの滑りの
範疇の中だけで実践しようとすることで
少しぎくしゃくしてしまったようです。

このような壁はなかなか自分では超えにくいものですが
今回は無線が威力を発揮してくれました!

どうしてもターン後半だけで圧を処理しようとしていたのですが
無線を使いターン中盤からも外力が発生しており
実際のターン中にそのタイミングで外力に合わせるようにアドバイスしたところ
スキーがしっかりと回って来てくれるようになりました。(^^)v

一度このような壁を越えてしまうと
その後は外力に合わせた滑りがしやすくなります。

今回も壁を越えた後は滑らかな滑りになりましたね!

そして午後の3時間レッスンでは
こちらも定期的に受講していただいているIさんでした。

Iさんは指導資格も持っているほどの上級者です。

まず最初のレッスン前の滑走を見ると
以前のレッスンにお伝えした点を意識して滑ってきており
非常に安定しています。

私のレッスンでは毎回滑走後に生徒さんの
滑走感覚について”どうでしたか?”と質問させてもらっていますが
今回も同様に質問させていただいたところ
問題なくスムーズにターンできているとのことでした。

ただターン前半に少しターンを急いでしまう点があり
この点を直接指摘するのではなく
ご自身で気づいてもらえるように
プルークボーゲンなどを交えていろいろお伝えしました。

そしてレッスンの最後にはスキーがしっかりと
回りだすまで待って落下し続けることができるようになり
その結果、スキーすごい勢いで走るようになりました!(^^)v

こちらも単純にここ少し違っているから
こうしましょうと伝えるよりも
自分で体感してもらいながら今までの自分の滑りを
制限していた壁を超えることでその後、定着度合いが
格段に向上します。

今回も最後に素晴らしいスキーの走りが出た時も
しっかりとご自身でなぜ、このような結果になったのか
しっかりと把握していただけました。

また次回もご一緒できるのを楽しみにしています!

皆さん本日はご受講ありがとうございました!

オッキー

0 件のコメント:

コメントを投稿