2020年1月27日月曜日

グループとしての力

こんにちは。フィーリングスキースクールの望月です。

先週3日間に渡って、志賀高原で修学旅行のスキー教室のお手伝いに行ってきました。
私の担当は9人の女の子達で、全員がスキーは初めてです。スキーの履き方を覚えたあとは、早速オレンジから始めました。プルークファーレンでスピードコントロールを覚えて、プルークボーゲン、シュテムターンと順調に進め、初日のうちに緩斜面では全員がパラレルもどきで滑れるようになっていました。

最終日には横手山の山頂から渋峠スキー場を滑り、最大斜度20度でなおかつ狭くて硬い下山コースをほとんど転ぶこともなく全員が滑って降りて来られたのですが、それが出来たのがグループとしての力でした。

転機になったのが2日目に行った海和コースという中急斜面と、ナイターで行った同程度の熊の湯のコースでした。このくらいならみんなの技量なら何とか降りられるだろうと思って連れて行ったのですが、最初はみんな怖がってしまって悲鳴を上げて降りられない状態でした。

じっくりと時間を掛け、ワンターンずつスピードコントロールをしながら、少しずつ滑って行くのですが、その中でもちょっとずつ出来てくる子が出てきます。すると、その子たちが今度は出来ない子を励ましてくれるようになりました。

「前しっかり見て!」、「出来る、出来る」。私ひとりが励ます以上に、みんなが励まし合う方が勇気が沸くのは間違いありません。そうやって勇気をもらっている子にさらに私が付き添って、技術的なサポートをする事により、気持ちも技術も高められるようになりました。

最終日、山から下った後にもう一度、前日悲鳴を上げながら滑った海和コースに行ってみましたが、今度は問題無く連続ターンで余裕を持って降りてくることが出来るよつになっていました。

みんなそれぞれ個性があって、パラレルに近いきれいなターンができてスピードコントロールしながら、ゆっくりと滑ってくる子もいれば、プルークも大きめでターンもそれほどきれいではないが、スピードに強くいつも先頭を滑って来る子。急斜面もそこそこ滑れるのに、普段は緩斜面でもゆっくりと慎重に滑ってくる子とさまざまでした。

そんないろいろな個性がありながら、全員で同じ目標が達成できたのは、グループとして仲が良く、自分に少し余裕ができたら仲間を励ますことのできる力があったからです。

今回のレッスンは私にとってもとても良い勉強となりました。3日間を一緒に過ごしてくれた、自分の娘みたいな9人のJKたちに感謝しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿