2020年2月12日水曜日

メンタルトレーニング?


こんにちは。toriです。

この連休は各地で待望の雪が入りましたね。
堪能した方も多かったかと思います^_^

私もこの飛び石連休で色々なシチュエーションを楽しみました。
その中で、『やられて』しまったお話しをしたいと思います。

○ 雪が深すぎてやられてしまった
これまでもニセコなどで、全く底つきしない深雪は滑ったことはありました。
今回は深さと同時に微妙な雪の重さに気持ちが負けてしまい思うように
スピードを上げられず、結果として十分に板を浮かせられず悪循環に
入ってしまいました。
滑り出す時には、斜度に負けない、
速度殺さないと言い聞かせていたものの、です。
頭で分かっていても、その通りできないところが
面白いとはいえ、悔しい(笑)

○ 想定外の斜面コンディションにやられてしまった
20〜30センチ程度の新雪のあと、少し硬くなり始めた荒踏を
快調に滑り急斜面に飛び込んだところ、そこは荒れたガリガリ状態で
ブッシュも出ていました。
うわっ と声が出た瞬間に腰も引けてしまい、ターンはズルズル落ち間延び^^;

などなど

まちろん、ほぼノートラックパウダーを満喫したり、深雪遊びを楽しんだり、
柔らかい荒踏、コブを楽しんだり、良いこともいーっぱいありましたよ^_^

で、今回の学び
一つ目はメンタルを強く持つことの大切さ。
少なくとも今回の経験で、頭で考えていたことは正しかったと
実感できましたし、実際に経験もしました。
まったく同じ状況は無いとはいえ、確実に経験の幅は広がったはずです。
次は負けないぞ!と^_^

二つ目は思い込みはいけないということ。
何でもそうでしょうが、『〇〇だろう』と『勝手に決めつける』のことの
危うさです。
ある意味、これもメンタルの問題と言えます。(メンタリティかな?^^;
やはり、同じ斜面ですら時間によって刻一刻と変わります。
常に足元さぐりながら、どう変わっても対応できるように滑らないと
改めて実感しました。

プロのアスリートに対してメンタルトレーナーが行う中には、ルーティーンを
確立するとか、成功イメージを植え付ける、意識するとか、専門的な手法は
色々あるかと思いますが、その前提は十分なトレーニングを行い、
体が反応するまでの反復練習を積んでいることで、
その上で数をこなして経験値を積んでメンタルの基礎が
できているのだと思います。

我々一般スキーヤーもレベルの差こそあれ、基本は同じと思います。
安定したバーンで基礎トレーニング、反復練習した後は、
経験値を高めるスキーを色々なシチュエーションを怖がらず
楽しんでみてください!
スキーは転んで上達するスポーツです!!転ぶことも楽しみましょう!!

次の週末は少し残念な天気予報が出ていますが、まだまだシーズン半ばです。
今シーズンの状況でも楽しめるシチュエーションは沢山あります^_^
スキーを楽しんでいきましょう!

tori

0 件のコメント:

コメントを投稿