2020年2月5日水曜日

ワンランクアップのために

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

2月に入り野麦峠スキー場もやっと低温や降雪が続き
いつものマジックバーンがやって来てくれました!

この最高の条件を使ってワンランク上の滑りを目指してみませんか?

まず、ワンランク上とは何でしょうか?

実際にレッスンを受講した人であれば
この部分でこんなことができるようにようになると
良いですよなどとアドバイスをもらえますが
自分一人で滑っているとなかなかワンランク上が何なのかも
分からないことが多いかと思います。

という事でまずは自分が何を目指していて
ないが足りないのかを知ることがワンランクアップへの
第一歩になりそうですね。

そのために有効なものの一つに自分の滑走を
撮影してもらい見ることがあります。

自分がイメージしていた滑りと実際に滑っているシーンでは
違和感を持つ方が大多数だと思います。

この違和感は今までにある程度滑ってきたことで
出来上がってしまった自分で作りあげた壁で
自分が動かしている体の部分が
想像以上に動いておらずこの壁で止められていることが良くあります。

このような壁はなかなか今までの運動の延長線上で
超えることは難しいことが多いようです。

例えばレッスンではもう少し伸びましょう!
とアドバイスしてもその滑りのままだと
大幅に伸びあがることが難しかったり、伸びれたとしても
リズムがなくぎくしゃくしたりすることが多いです。

この壁を崩すにはどうすれば効果的かというと
私の経験則からいうと皆さんの普段の生活から
想像できるイメージをスキーの上でも実施てもらう事です!

つい先日のレッスンでもどうしても切替が
窮屈な感じの方がいたのですが
その方に切替でバスケットボールで
シュートを打つようにしてください。
とお伝えしたところ一気に窮屈感がなくなり
滑らかに切替ができるようになりました!

皆さんもどこかで自分の滑りを撮影してもらって
自分の滑走イメージとのずれを見つけてみてはどうですか?

オッキー


0 件のコメント:

コメントを投稿