2020年3月9日月曜日

春の雪の楽しみ方

皆さん、こんにちは!

オッキーです!

今日はとっても気温が上がり野麦峠スキー場のラビット乗り場でも
気温が10度近くまで上がってしまいました…(-_-;)

そのおかげで最上部のラビットコースですが
午後からはストップスノーになり
なかなか快適というには遠い条件となりました。

このような条件の時に少しでも快適に滑るためには
どうすればよいでしょうか?

私が気にしているのは

”落ちる”

です!

私たちが提唱している外力を利用したスキーでは
抵抗をもらい続けることが必要です。

そしてその抵抗によってスキーに回って来てもらいます。

さらにその抵抗が大きくなればなるほどスキーの回転力も上がってきます。

しかし、今日のような春雪ではなかなか滑走スピードが上がらず
なかなか抵抗をもらう事ができません。

このような条件の中でより大きな抵抗をもらうためには
ターンの中盤、スキーがフォールラインで下を向く時間を
できるだけ長くしてあげるとより滑走スピードがあがり
より大きな抵抗をもらうことができます。

アイスバーンや急斜面ではどうしてもスキーが下を向いた
状態を長くすると落下スピードが上がり不安感がたかまります。

そのためその状態を短くしたくなり、スキーを横に向けたりしがちです。

しかし今日のような春雪ではスピードがそれほど上がらないので
スキーを下に向け続けることもそれほど恐怖心がなく
できると思います。

春雪での滑走方法としてこのような滑り方をしますが
実はゲレンデ状態が良い状態でもこの落下の時間を長くとってあげれば
より切れて、走るターンになります。

という事で今日のような春雪でしっかりと落下して
抵抗をもらえるようになると切れて、走るターンに繋がります!

これからは今日のような春雪の状態が多くなると思うので
このような条件でしっかりと来シーズンにつながる
技術を習得し残り少なくなってきたシーズンも
しっかりとスキーを楽しんでください!

オッキー




0 件のコメント:

コメントを投稿