2020年12月31日木曜日

滑り納め

色々あった2020年でしたね。

スキーヤーにとって関心の高い降雪についても、今年は急激に災害級に降っています。そんな中、年末寒波のスタートである12/30にスキー仲間と八方尾根スキー場で滑りました。

朝は、ベースは雨というテンションの上がらない状況ではありましたが、午後からの冷え込みと降雪に期待をしていたところ...午後からは最高でした。冷え込んで積もった雪からの湿気も抜け、雪が軽くなった上に、どんどん雪が積もっていくので、滑るたびにリセットされます。楽しくって、黒菱の急斜面と兎平新コースを繰り返し繰り返し、滑っていました。

今シーズンの私のテーマである、右外足に早い段階から乗っていく、ということも意識しながら滑っていたところ、新たな滑走感覚を得ることもできました。

こういう状況で楽しむために、スキーをしているんだな、と実感した瞬間です。


それでは、よいお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。

by kaorin


2020年12月29日火曜日

短時間レッスンの効果

 皆さん、こんにちは!

オッキーです!

12月19日から今シーズンのスキー場の営業が始まり
10日が経過しました。

今シーズンはいろいろ条件があるにもかかわらず
ほぼ毎日レッスンを担当させていただいており
受講いただいた皆様には大きな感謝です。

ありがとうございます!

本日も朝の1時間のみというレッスンを担当させてもらいました。

受講されたTさんは昨年初めてFSSを受講し
今回は2回目の受講でした。

1時間のみのレッスンなのでTさんが昨年のレッスンを
どこまで自分で消化されているのかによって
進み具合がかわるなぁ~と思っていたのですが…

ある意味良い方向に予想を裏切っていただきました!

最初のリフト上での会話ではうまくいくときと
行かないときの感覚を質問させてもらいました。

それに対して非常に具体的な返答をもらうことができ
この時点で1時間のレッスンでもしっかりと
Tさんの望むポイントに効くレッスンができそうな
感触にあふれてきました。(^^)v

そして予想通りというか予想以上に
オレンジの詳細な感じ取り方や圧とのやり取りを
理解していただくことができました。

オレンジの種類
オレンジの位置
オレンジの絞り具合

などなど。。。

このレッスンではTさんは小回りを目標とされていましたが
1時間のレッスンであと一歩で小回りというところまでたどりつけました。

後はレッスン後のフリー滑走でいろいろ試して
今回お伝えしたことを自分なりに調整してもらえれば
小回りの完成になると思います。

すべての方がこのように1時間のレッスンで結果が出るとは言いませんが
ある程度、滑走時間を確保できる方は
短時間のレッスンを受けた後に自分なりに咀嚼して
それでも、まだ理解できないところや
咀嚼したことで新たにできた課題の克服にむけて
再度短時間のレッスンを受講することで
効率よくスキーの楽しさを見つけることができると今回実感しました。

皆さんもこのようにレッスンとレッスンの間に自分なりに
いろいろ試してみて短時間レッスンの効果を実感してみませんか?

具体的な受講方法などに関して質問があれば
遠慮なくお尋ねください!

私が返答させてもらいますよ!(^-^)

オッキー



2020年12月28日月曜日

ニューマテリアル


しろくまです。

     前年度モデルですが、この秋、通販で少し安くスキー板を購入しました。

     滑ってみたら、私の体重9●kgに負けないやや強めの板で大回りが快調です。

          オレンジががっつり決まるフィーリングなのです。

        雪が多くてマテリアルも好調なシーズンインなのですよ。😁

             いやあ楽しみになってきました。


2020年12月26日土曜日

Merry X'mas!!

スキーをこよなく愛する皆様。

フィーリングスキースクールのNishiです。

 今シーズンの降雪も心配してましたが、無事予定通りオープンし、同時に開校する事ができて一安心と言ったところです。

さて、今シーズンのテーマは"原点に立ち返る"です。

ここ数年は身体の使い方について追求し、常連さんには特にその一端をお伝えして来ました。

一定の成果は有りましたが、フィーリングスキーの原点、"感じる"が鈍くなり、雪との戯れが希薄している様です。

今シーズンのレッスンでは、イメージを足裏だけではなく色々な身体の部位で感じ取って頂く事で、イメージ滑走の幅が広がり、必要以上の力を使わず、楽しいスキーを提供したいと思います。

それでは野麦峠スキー場でお会いできる日を楽しみにしています。




2020年12月24日木曜日

さぁ、いよいよ始まりましたね(^^)/

 皆さん こんにちは toriです

 

スクールスタッフからも、続々と初すべりの報告が届いていますね。

かく言う私は、今日時点で三日の滑走です。

ですが、驚いたことに内二日は新雪滑走でした\(^o^)/

 

今シーズン前の予報では、雪が多いシーズンとなっていました。

ところが、11月末の初すべりの時期は、雨は降るものの、

寒気の入りが弱く雪にはなってくれませんでした。しかも人工雪も×(^^;

それが12月に入ったとたん、雨が夜更け過ぎに雪に変わり、、、

そういえば、今宵はクリスマスイヴ(^^)

災害級の降雪に遭われた方には、お見舞いの言葉しか出てこないのですが、

長野方面は例年にない適度な大雪で、非常に良いスターがきれています。

この後も、年越し寒波に続き、我々にとっては良いシーズンとなりそうです。

勿論、足元は新型コロナもありますが、感染対策を十分にして、

楽しむところはしっかりと楽しみましょう。

皆さんとゲレンデお会いできるのを楽しみにしています(^^)/

tori


 

2020年12月22日火曜日

初滑り

 こんばんは、kobaです。


12月中旬から寒気が入り、各地のスキー場もOpenしているので、

初滑りを済ませた方も多いかと思います。

私はと言うと、まだの状況です。

年末の家事をこなしてから野麦峠に上がります。

12/28(月)が今シーズンの初滑りの予定です。


私が初滑りの時に気を付けていることは。。。

“1本目はゆっくり滑ること”です。

これには色んな意味合いが有りますが、

一番大事なことは“楽しさ”を再認識することです。

楽しいと感じられれば、無茶しないように疲れを感じたところで休憩を入れて、

万が一楽しくないと感じられたら、やっぱり休憩です。

でも、考え込まなくても大丈夫。

楽しくないと感じた理由が技術的な問題であれば特に。

それは前回滑った時との違いを感じ取れている証拠であり、

その分上達している証拠でもあります。

課題を整理して考えたことを試すも良し、

スキースクールに駆け込むも良し。

先ずは雪上に出て、いろいろな感触を味わってみて下さい。

2020年12月21日月曜日

今シーズンのマイテーマ

こんにちは!kaorinです。

今シーズンも始まりましたね!

私自身は、11月末に立山にBCスキーに行ったっきりだったので、昨日の12/20(日)の野麦がゲレンデシーズンインとなりました。

あいにくレッスンはなかったので、インストラクター仲間にビデオを撮ってもらったり、アドバイスをもらったりしながら、滑りのチェックを行っていました。

長年の悩みである「右外足に乗り切れない」を改善しようと、体が回ってしまわないように、ターンの外側に意識をもって滑っていたのですが、自分の滑走感覚はしっくりしません。

そんな中、ターン前半に圧がなくなっているとの指摘をもらい、切り替え後からスキーがフォールライン向くまでの間に、外足のオレンジがジワーッと潰されるイメージを持って滑ってみました。ビデオを見てみると、肩のラインも前ほどターン内側に傾いておらず、外スキーに乗り込んでいけています。滑っていても、板のトップがぐーっと回り込んできてくれる感覚がありました。

まだまだ、油断をするとオレンジがどこかに行ってしまうので、今シーズンは「ターン前半でのオレンジを大切にする」ことをテーマにしようと思います。

みなさんも、シーズン初めには自分の滑りをチェックすることをオススメします。自分ではよくわからないな、という方は是非スクールをご活用ください!

今シーズンもよろしくお願いいたします!!


kaorin

2020年12月20日日曜日

シーズン初レッスン

 皆さん、お久しぶりです!

オッキーです!

ついに昨日12月19日、野麦峠スキー場がオープンしました!

例年だと夏にNZでスキーをしていたのですが今年はこのような条件なので
滑る機会もなく今年の3月以降11月に滑るまでは
久しぶりの8か月ほど間が空いたスキーとなりました。

そして昨日野麦がオープンし、昨日、本日と
約9か月ぶりのレッスンを担当しました!

レッスンもこんなに期間が空いたのは本当に久しぶりで
9か月も空いたのは10年くらい前になるかもしれません。

なので昨日のレッスンではいきなり何をお伝えすればよいか
大丈夫かとレッスン前は思っていましたが
いざ始まってみると思ったよりスムーズにレッスンを進めることができました。

このレッスンの中で一番のポイントとなったのは

落下する!

でした。

ある程度スキー経験がある人ほど、ついついターン中に
スキーを動かしてしまい本来スキーが素直に落下することに伴い
発生する外力が途切れてしまうのです。

オープンしたばかりのため緩斜面だけでのレッスンが難しかったのですが
今回受講いただいたMさんはそれほど斜面に対する恐怖心もなく
しっかりとチャレンジてくれました!

当然、落下するといってもスキーにかかる外力を調整しながら
落下しないと思い描いたターン弧になりません。

なので最初はこの点を確認しながら徐々に進めていき
その後はだんだん外力をもらい始めるターン中のポイントを
早くしていきました。

するとターン終盤、斜面には少し雪の塊があり
ちょっと気を遣うコンディションにも関わらずMさんのスキーが
ターン後半で走ってくれるようになりました。(^-^)

Mさんもこの点はしっかりと自覚でき

スキーが走るのってとっても気
持ち良いですね!

と、おしゃっていました。

また更にこの滑り方であればターン後半に雪面と喧嘩しないから
筋力的にもとっても負担が少ない滑りになりますね。

とのことでスキーの新たな楽しさを見つけていただけたようです!

Mさんの目標は80歳までスキーを楽しむ

とのことで、今回の発見はその良い1歩になりました。

今後も数回私のレッスンの予約をいただいていますので
次回以降もよりこの感覚を洗練させていきましょう!

Mさん、ご受講ありがとうございました!


オッキー

2020年12月19日土曜日

スクールオープン!

 しろくまです。

 

本日、12月19日(土)野麦峠スキー場がオープンしました。

同時にフィーリングスキースクールも開校しました。

まだスキー場は全面オープンとはなっていませんが、

上部のラビットとチャンピオンのメインコースは、

まずまずのコンディション。

下部のトレーニングバーンもオープンしています。


実は、私も初滑りでした。いやースキー楽しいですね~。


ただしコロナ禍のシーズンですので、三密対策で

受付の位置がちょっと変わっています。

また無線機やマイクの消毒も随時致します


できる限りの対策を施して、あなたの受講をお待ちしております。