2021年1月11日月曜日

用具を選ぶ楽しみ


読者の皆様 Nishiです。 今シーズンは雪が豊富なのは我々スキーヤーにとっては至福なのですが、北陸地域は例年の降水量の2~3倍となっている様でご存じの通り災害が発生しております。同時に新型コロナの影響により外出自粛措置が取られる地域も増えており複雑な心境でのシーズンだと思います。 さて、前回は新雪滑走について少しお話をさせて頂きました。 12日の火曜日には野麦でも南岸低気圧の影響により深雪が積もるかも知れませんので期待するばかりです。 最近、プライベートで新雪滑走も楽しんでいるのですが、ちょっと降り過ぎて雪が深く、困った問題が起きてしまします。 新雪が50センチも超えて来るとノーマル板では楽しむどころか修行モードとなってしまい、先日それを体験してきてしまいました。 板が雪に潜ったままターンが出来なくて、緩斜面になるとしまいには脱出不能となります。勿論、私の技術の足りなさも有るかも知れません(爆 そのような状況で楽しむにはセンター幅の広いファットスキーがお勧めです。 雪面抵抗が増えて板が潜らずふわふわと浮遊感抜群でターンも楽なのです。この様に道具に頼る楽しみ方法も有りますので是非試して頂き、慣れるときっと病みつきになると思います。 その様な点では、人それぞれに骨格、体力が異なりますので、スキー板、ブーツなど用具もご自分の滑りに合ったものをチョイスすることも重要ですから、ショップやネット上で選んで頂ければと思います。スキー板では実際に試乗会も有りますのでお試して頂くのが良いかと思います。我々もこれまで色々と失敗を繰り替えしながら経験を積んで現在に至っています。皆様に対して少しはサポートできるかと思いますので何なりとお申しつけください。 それでは引き続きスキーシーズンを楽しみましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿